2015年09月11日

水に拘る

先日も書きましたが新しいチャレンジのファルコンリー計画も2年が経ち落ち着いてきましたので、
最近、シュリンプブリードを再開しました
今までの様な実験水槽ではなく本格的にブリード開始です!
もちろん簡単確実飼育マニュアルで繁殖を開始しました

本格的にブリード開始にあたって10年来の付き合いの信頼できるブリーダーさん何人かにシュリンプを譲っていただきました
皆さん私のブリード再会を喜んでくださり私の予算の何倍も良い即戦力の種親を送ってくださいました

そこで当店HPやブログコンテンツの「役立つ飼育法」どおりに丁寧に水合わせして水槽に投入しました
すると水合わせ中もプラケースの底を超高速ツマツマして、その後2〜3日超高速ツマツマしていたシュリンプが、数日後から普通に元気なツマツマに変わってしまったのです

う〜んシュリプは食性が偏る習性があるのでソイル上のバクテリアや微生物が食べつくされ植物質のエビ玉では食欲わかないのかな?など思い1人のブリーダーさんにどんな餌を与えていたのか相談するとショッキングな事を言われてしまいました^^;

「白倉君、そんなこと言ってどうしちゃったの?」と・・・
そして「趣味でブリードしていた時を思い出してよ」と暖かいお言葉を頂きました

趣味でブリードしていた頃はシュリンプに良いと思うことは何でも最高だと思うことをしていたのに
シュリンプ専門店を初めて、飼育用品メーカーになって、効率ばかり考えるようになってしまっていたのに気付かされました

シュリプにとって何が一番大切かと考えると1番最初に思い浮かぶ事は「水」ですよね!

趣味の時は、浄水器無しでも全然カルキ臭くない静岡県の水道水でさえもR/O水を使っていました
アジアアロワナを紅くする為に軟水にするためにR/O水を持っていたのですが、
当時(15年ほど前)、ビーシュリンプにR/O水を使っていた人は殆どいなかったのではないでしょうか!?

R/O水を使用した理由は梅雨の時期に水換えした時にシュリンプの活性が落ちたからです
水道水は水が濁ったときに薬品を使って透明にすることがあると聞いたのでシュリンプには良くないだろうと思ったのです

その後、10年前に専門店を開業して水槽の数が多くなりコットンとカーボンのスタンダード浄水器になり、
お客様にはスタンダード浄水器でも面倒だったり、邪魔でご家族の反対にあったりで使用できない方がいらっしゃるのでカルキ抜きで飼育繁殖できるか検証したのですが東京のカルキ臭い水でも全然平気に繁殖したので、いつのまにか私はスタンダード浄水器で十分では!と思うようになっていました

しかし、レッドビーシュリンプを最高の状態で飼育するには、断然R/O水
カルキ抜き<スタンダード浄水器<R/O浄水器です

R/O水を使用している今では、当店のブリード水槽のシュリンプはブリーダーさんから送られて来た時の様に超高速ツマツマをしております

前記のブリーダーさんに更にお世話になってR/O浄水器を組み立てました
セディメントフィルター×2と加圧ポンプで日産約1tの処理能力なのでストレスなく水を貯めれます^^
ro.jpg

R/O浄水器で出来た純水にはシュリンプミネラル Ca+を添加して150〜200ppmに調整しています
シュリンプミネラル Ca+はカルシウムとマグネシウムのバランスが良く、80種類以上の微量元素を含むのでR/O水のミネラル添加に最適です

この記事をご覧になった方も、ご自身の環境が許す範囲で最高の水を使用することをお勧めします

可能な限り頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月10日

とことん拘る飼育マニュアル始動!

簡単、確実レッドビーシュリンプ飼育マニュアルを作ってから約3年、大変多くの方にお試しいただき好評を頂いております
(当店HPのユーザーズボイスを参照下さい)

しかしながら一部の方には、「今までよりは上手く飼育できているが繁殖が出来ない」、「水槽によって調子よいときと悪い時がある」、「最初の1ヶ月が安定しない」などの相談を受ける事もありました

簡単と確実という難しい組み合わせの為に、上記の一部の方々の環境では確実の方が少し足りないのかと思い
多少、手間や時間、費用が掛かっても、更に良いレッドビーシュリンプ飼育法をご紹介するとことん拘る飼育マニュアルを作りたいと思います

簡単、確実、飼育マニュアルに興味がある方、これから始める方、現在行っている方で更に良い環境を目指したい方にきっとお役に立つ内容だと思います


おかげさまで、新しいチャレンジのファルコンリー計画も2年が経ち落ち着いてきましたので
定期的にブログ更新できると思います(たぶん^^;

可能な限り頑張りますので定期的に見に来て下さい

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 07:43| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月09日

あぶない葉っぱ 長期欠品中です

あぶない葉っぱ 長期欠品中でご愛用のお客様には大変ご迷惑をおかけしております
「あぶない葉っぱ」はブラックウォータの元となるタンニンを多く含み、水槽内を自然の雰囲気に演出してくれ、シュリンプの餌にもなる商品で、当店の隠れた人気商品ですが欠品が続いております

「あぶない葉っぱ」は排ガスや農薬等の汚染の心配のないインドネシアの熱帯雨林のジャングルの落ち葉からタンニンを多く含む真っ黒な色でシュリンプ水槽に雰囲気を演出できる小さな(5cm以下)の葉っぱを選別して集めております

この真っ黒な葉っぱは元々、緑色の落ち葉が土壌のバクテリアと雨の水分、そして熱帯の気温により醗酵されてウーロン茶のように醗酵して葉緑素が分解されタンニンの色が出てきたものです

前置きが長くなりましたが^^;

5月にインドネシアから送られてきた葉っぱが、しっかりと醗酵されておらず緑色の部分が残っており返品しました
その後、雨期で水かさが増し採集できないとの事で現在、葉っぱの採集待ちとなっております

こんな所で採集されています
kakimantan[1].jpg

もう少しで雨期の間に何度も乾燥と醗酵を繰り返して真っ黒になった「あぶない葉っぱ」が届くと思いますのでもう少しお待ち下さい
posted by Shirakura at 22:05| 当店のオリジナル商品

2015年04月08日

おかげさまで、満10年を迎えました


日本初のシュリンプ専門店ミニマブリーダーシラクラ を開業して、おかげさまで、10年が経ちました

ひとえにお客様のご愛顧のお陰と思っております
誠にありがとうございます

私、ミニマブリーダーシラクラ代表 白倉は10年前に日本初のシュリンプ専門店を開業しようと思った時に、レッドビーシュリンプはグッピーやネオンテトラなどと同等かそれ以上に、熱帯魚を代表する存在になり、レッドビーシュリンプから熱帯魚に入門する方も増えると思い人生を賭けて開業を決意しました。

運良く予想が当たりレッドビーシュリンプは現在、熱帯魚の1番人気者となり、ミニマブリーダーシラクラを続けていく事が出来ております

おかげさまで国内外から飼育用品の注文を多数頂き、現在はシュリンプ飼育用品の企画、製造の専門メーカーとして活動しております

しかしながら10年たった今も、なかなか改善されず残念な事があります
未だに、ビーシュリンプ飼育が上手く行かず飼育を諦めてしまう方がいる事です

原因としては、当店の情報発信不足(忙しくてブログ更新をサボって申し訳ございません)
一部の業者やブリーダーが不確で間違った情報を垂れ流し

等により、正しい知識や飼育法が、ビーシュリンプを飼育したい方に伝わっていないのだと思います

レッドビーシュリンプは他の熱帯魚に比べ水質の悪化に弱いので、水槽環境をしっかりと作り上げていかないと失敗してしまいます

ミニマブリーダーシラクラではHPのコンテンツにレッドビーシュリンプ飼育システム「簡単確実飼育マニュアル」や役立つ飼育法を作って、正しい知識や飼育法を公開しております

簡単な設備のみで手間がかからず、どなたでも簡単にレッドビーシュリンプの飼育繁殖ができるようにマニュアル化されたシステムですので、、ぜひお試しいただきたいと思います

これからも、ミニマブリーダーシラクラでは飼育に役立つ商品の販売と、
レッドビーシュリンプ飼育の正しい知識や飼育法を発信していきます

今後もよろしくお願い致します

ミニマブリーダーシラクラ代表 白倉 貴之
posted by Shirakura at 11:21| minima breeder Shirakuraとは

2014年12月27日

ポツポツ病について



今回は雑菌が原因のシュリンプの死亡について説明したいと思います

小売業務をしていた頃や電話、メールでの飼育相談でアンモニアや亜硝酸も発生していないのに
シュリンプが日に日に死んで行くという相談をよく受けます

水槽をセットして1月〜2ヶ月経ち、飼育が順調だと少し安心した頃や2〜3ヶ月経ちメスが抱卵したり稚エビも生まれてきてこれからが楽しみという時に多い現象です

原因が分からず日に日にシュリンプがポツリ、ポツリと死んでいくのでポツポツ病と言われたりします

なぜシュリンプがしんでしまうか?と言いますとソイル内や水中に有機物が蓄積して雑菌(エロモナス菌など)の温床となり、シュリンプに感染するからです
水中に雑菌が増えると弱い個体から徐々に死んでいきます

上記の様になってしまう原因は、水槽をセットして、まだ1〜3ヶ月しか経っていないのに餌や添加剤など入れすぎていることです
水槽を立ち上げてからは徐々に餌を増やして有機物→アンモニア→亜硝酸→硝酸塩というろ過サイクルを育て上げていかなければならない期間なのに餌や添加剤を水槽に入れすぎ、有機物がアンモニアなどに分解されずに蓄積してしまうのです。

水槽内に多種多様なバクテリアや微生物が繁殖して生態系が出来上がるまでは3〜6ヶ月かかります
いつ生態系が出来上がったかの判断は難しいですが一度コケが出る時期を過ぎ、コケの掃除後、ほとんどコケが出なくなった頃です

それまでは、餌を徐々に増やして行き、水槽内に有機物を貯めない様に飼育しなければなりません
当店のHPの飼育マニュアルには水槽内に多種多様なバクテリアや微生物が繁殖して生態系が出来上がるまでの手順が掲載されていますので参考にしてください

また、ポツポツ死に始める前に、事前に水質の悪化を察知して対策をすることも大切です

水中に有機物が貯まって水が汚れてくると、コケが出やすくなったり、シュリンプの動きが鈍ってきたり、色が褪せてきたりするので良く観察して対策をすればポツポツ死を防ぐ事が出来ます

対策としては上記の異常があったら、水換えとソイル内の掃除をして水槽内の有機物を減らす事です
(水換えとソイル内の掃除は当店HPの役立つ飼育法を参考にしてください)
シュリンプの活性や発色が回復するまで2〜3日に1回1/5〜1/3の水換えや週に1度の底掃除を続けてください
また水温が高いと雑菌の増殖が早くなるので出来るだけ低い温度(時期的に難しいですが24度以下、冬場なら21度にします)で飼育して回復を待ってください

ポツポツ病を発生させないためにも、ぜひ当店HPの飼育マニュアルを読んで頂き実戦して頂ければと思います
posted by Shirakura at 12:52| なぜエビが死しんでしまうのか?

2014年10月02日

新商品 ACID WATER 発売中

欠品が続いておりましたブラックウォーターfulvo+の代わりとなる製品がようやく販売となりました。
大変遅くなってしまい誠に申し訳ございませんでした。

レッドビーサンドのPH調整機能や水槽立ち上げ中のバクテリアや微生物に悪影響を与える酸性のタンニン酸が少なくシュリンプの活性や繁殖、バクテリアや微生物の繁殖を促進するフミン酸やフルボ酸を多く含む物がやっと見つかりました

ブラックウォーターから特殊製法でフミン酸やフルボ酸を抽出した製品です
この様なフミン酸やフルボ酸の抽出液は美容や育毛など人間の細胞活性化にも使用され非常に高価なのですが、メーカーのご協力により価格もブラックウォーターfulvo+より安く出来ました
(定価なくオープンプライスですので小売店様により多少価格が異なると思います)

acid-water.jpg

商品名はミニマブリーダーシラクラらしく直球で酸の水「ACID WATER 」です

約1年、欠品を続けてまで納得できるものを実験しながら製品化した自信作です
必ずシュリンプ飼育のお役に立ちますので、ぜひ、お試し下さい
posted by Shirakura at 18:21| 当店のオリジナル商品

2014年03月07日

ファルコンリー計画2

当店が新しく挑戦しているファルコンリー計画ですが順調に進んでおります

年末にカワセミで練習してきたハヤブサの飛翔写真もバッチリ撮っていたのですがブログ更新が出来ずにおりました

まだ私のハヤブサはフリーで飛ばせないので先生、STOOPERさんのハヤブサです

飛び出し前の精悍な顔つき
12-31-2.jpg

そして飛翔写真
目の前で飛ぶハヤブサは早くて中々撮れないと思います
練習の成果です

実際見ると凄い迫力です
12-31-4.jpg
12-31-3.jpg

このようにファルコナー(ハヤブサ飼育者)の操るルアー(疑似餌)に襲い掛かってきます
12-31-5.jpg

そしてルアーへアタック!
鋭い爪を持った足で確実に獲物を仕留めます!!

運悪く背中の時のアタックでした
111.jpg

いかがでしょうか?
こんなにかっこ良くハヤブサを飛ばせたら楽しいと思いませんか!?
ハヤブサの飼育は愛玩ペットとしてもとても可愛らしく楽しいです
狩の時の精悍な表情と違いとても可愛いんですよ

興味を持った方はお気軽にお問い合わせ下さい

posted by Shirakura at 07:00| シラクラの挑戦

お知らせ

ブログを放置し、新年のご挨拶も出来ず申し訳ございませんでした
当店商品の国内需要の安定と、海外の広まりと円安による需要の伸びで昨年末から休みも取れないくらいです

おかげ様で今年はミニマブリーダー シラクラとして活動し始め10年、シュリンプ専門店を始めシュリンプ専業に人生をかけて10周年を迎えます

これからもミニマブリーダー シラクラをよろしくお願い致します


今回は長期欠品中の ブラックウォーター fulvo+のお知らせです

ご愛用いただいているお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが主原料の輸入元に原料が輸入されず出荷未定となっております

ご愛用のお客様にはご迷惑をおかけしますがレッドビーサンドのまき足しで近い効果が得られますので入荷まで代用をお願いします

ブラックウォーター fulvo+と一般的に売られているブラックウォーターとの違いはタンニン酸という殺菌やPHを下げる成分が少なく、フミン酸とフルボ酸という成分が多いことです
また名前の通り主原料のブラックウォーターにフルボ酸を添加して強化しております

他のブラックウォーターもテスト中ですので主原料変更も含めて再販したいと思っておりますが
レッドビーサンドに使用する際はPHが下がらないと言うことも大切で、なかなか代用の主原料が見つかりません

どういう形になるか分かりませんが、品質を落とすことなく再販をしたいと考えておりますので、もう少しお待ち下さい

また、最近、沢山のお問い合わせを頂けますがメールアドレスを間違って入力されお返事が出来ないお客様が少なからずおり、お返事をお届けできず心配しております
お時間を頂く(48時間以内)こともあしますが、必ずお返事をしておりますので、回答が届かない場合はメールアドレスをご確認のうえ、再度お問い合わせ下さい


今後もよろしくお願い致します

ミニマブリーダー シラクラ
白倉

posted by Shirakura at 06:35| 当店のオリジナル商品

2013年12月20日

飼育マニュアルを改訂

レッドビーシュリンプ飼育マニュアルを改訂しました

発表以来、大変ご好評頂いているレッドビーシュリンプ飼育マニュアルですが、
残念ながら一部のユーザー様から上手く飼育できないというご意見も頂きました

上手くいかない原因の多くは一部、マニュアルを守って頂けない部分があった事でしたが、
私の説明不足もありましたのでマニュアルを改訂しました

生き物相手に完璧なマニュアルなど無いと思いますが、かなりの完成度になったと思います
(今後もよりよくする為に不定期で改訂していきます)

またマニュアルはシュリンプ飼育法のみならず、熱帯魚飼育の基本が学べると思いますので、ぜひごらん頂きお試し下さい

よろしくお願い致します
posted by Shirakura at 11:45| 当店のオリジナル商品

2013年11月20日

写真を極める!

私、白倉は8月からウォーキング&カワセミ撮影としてカワセミの写真を掲載してきましたが、
実は先日、発表しましたファルコンリー計画でハヤブサの飛翔シーンの写真を撮る為の練習だったんです
http://shirakura.sblo.jp/article/80279170.html

カワセミの写真は色々と撮影機材の設定や撮影場所の選定、カワセミの習性(行動パターンなど)など色々と考え、工夫しかなり上手く撮れる様になってきたと思います

これだけ撮れる様になれば最速の鳥ハヤブサでも(的が大きくなるので)撮れると思います
ハヤブサのトレーニングを頑張って、ハヤブサの飛翔写真も早く撮りたいと思います


さて、カワセミの写真ですが、カワセミは枝に停まって餌を探して、水面へ急降下し餌を捕らえて再び戻って餌を食べます

動いているカワセミにピントを合わせて撮影することは非常に難しい事ですが、やっと結果が出せるようになりました

急降下中の一コマ、一瞬で水に飛び込むので、百分の一秒の世界です
aaa.jpg

餌のエビを捕らえ水から出てきた瞬間です
kakaku-mizu-4560.jpg
シュリンプ専門店としてはエビが黒いが気になります(笑

餌を捕らえ戻ってきて枝に飛びつく一瞬を捕らえました
kakaku-tobituki-sp.jpg

最近ではカワセミの画像投稿サイトで「ベテランでも、これだけのカワセミは、なかなか撮れません。たいしたものです」と言われるくらいになりました


約1ヶ月まえの状況と比べると一目瞭然かと思います
http://shirakura.sblo.jp/article/78197955.html

手前味噌ですが、はじめてから約3ヶ月でかなりのレベルに達してきたと思うのですがいかがでしょうか?
これからも更に工夫して極めて行きたいと思っています

シュリンプ飼育も同じで、飼育用品、飼育環境、シュリンプの生態など色々と考え工夫る事が成功への早道となると思います

当店の飼育用品やHPの情報がお役に立てば嬉しいです
posted by Shirakura at 08:16| シラクラの挑戦