2016年05月09日

新しい「あぶない葉っぱ」

1年近く欠品状態が続いている「あぶない葉っぱ」ですが、
葉っぱの採集地のインドネシア カリマンタン島の洪水等で入荷が見込めないので他の葉っぱを探しておりましたが、
やっと品質的に以前の黒い葉っぱに勝るとも劣らないものがありましたので
 
NEW「あぶない葉っぱ」再販致します

写真をご覧頂くと以前の黒い葉っぱをご愛用の方にはブラックウォーターの成分のタンニンが少ないのでは?エビが食べるの?とご心配されるかもしれません

安心してください(古い^^;)この葉っぱ、実はマジックリーフという名前の有名なCATAPPA(和名モモタマナ)の小さい葉っぱなのです


happa1.jpg

大きなCATAPPA(和名モモタマナ)の木から一枚一枚、手摘んで天日乾燥させていますのでコストがかかり価格交渉が大変でしたが以前のNEW「あぶない葉っぱ」と同じ価格(オープンプライスなので各販売店舗にご確認ください)で量も少しアップして25枚前後入っての販売となります

数ヶ月かけて摘んでもらい乾燥させ、虫や植物の種子、カビなど混入していないか検査し
現在、日本に向かって送られて来ていますので、無事通関(検疫)を通れば来週くらいに店頭に並ぶと思います

大きなマジックリーフを千切って入れれば同じじゃんと言われれば、それまでですが・・・
趣味の世界、雰囲気にも拘って飼育した方が楽しいと思いませんか!?

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


posted by Shirakura at 13:51| 当店のオリジナル商品

2015年09月30日

エビ玉シュリンプフード

エビ玉シュリンプフードのラベル(シール)についてお問い合わせがあったのでご説明致します

エビ玉シュリンプフードのラベル(シール)は下記の様に住所の記載があるものと無いもの2種類ございます
ebidama.jpg

裏面に原材料や使用法のラベル(シール)を貼るようになったので表のラベル(シール)の住所を削除しました

どちらも間違いなく本物のエビ玉シュリンプフードですのでご安心して使用ください


ところでエビ玉シュリンプフードは量が沢山入っています

当店の推奨する飼育法ではシュリンプの動きが悪い時は餌を与えなくてもよい
水槽を立上げ生態系が出来上がるまでは数日に1度与えるだけでよいとしています

なぜ餌をそんなに与えなくて良いのに沢山入っているかと言いますと
シュリンプの食い付がイマイチの時は直ぐに、群がって食べていても30分位で取り出して捨てて頂きたいからです

エビ玉シュリンプフードを初めて使う方はあまりの固さに驚く方もいるくらい型崩れしないように硬く成型しておりますが、30分以上で水溶性の養分が溶け出し水を汚しやすくなりますし、1時間以上経つと型崩れするようになりシュリンプが無駄に餌を水槽内に撒き散らして水を汚してしまいます

エビ玉シュリンプフードはコストパフォーマンスが良い餌ですので、水槽の環境を良い状況で保つ為にシュリンプの集まりがイマイチの時は直ぐに、群がって食べていても30分位取り出して捨ててください

そして、その分、食い付がよいときは回数を増やしてください

そうしないと開封後、3〜6ヶ月(保管温度、湿度による)の消費期限に使いきれませんよ!

少し涼しくなりシュリンプ飼育用品の製造卸の仕事が忙しくなってしまったので更新頻度が減ってしまうと思います

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 11:49| 当店のオリジナル商品

2015年09月22日

ハヤブサのトレーニング

当店のGYR SAKER FALCONトレーニング風景です

当店のハヤブサはGYR SAKER FALCONと言いシロハヤブサとセイカーハヤブサのハイブリッドのハヤブサです

GYR FALCONのシロハヤブサは北極圏に生息するので雪を保護色とするために真っ白ですが、暑さや病原菌に弱いです
しかもワシントン条約付属書I類に指定される絶滅が懸念される希少種です

SAKER FALCONはユーラシア大陸の草原等に生息するハヤブサです

その2種を掛け合わせて販売や輸出を可能にし綺麗で病原菌に強いハイブリッドを作ったという話しです

nick foxというイギリスのハヤブサの研究者でブリーダーの繁殖個体で主にアラブの富豪向けに繁殖されている個体が数年に1度、日本に輸入された時に運よく当店へ向かえることが出来ました

名前は北極圏の嵐からblizzard 愛称はBooちゃんです^^

当店に来たころのBooちゃん
ハヤブサの幼鳥は茶色っぽくて縦模様がありますが既に白部はくすみのない純白の極上個体でした
gya-saker.jpg

当店に来て2年経ち大人の羽に生え変わり真っ白にで、見た目は完全にシロハヤブサになりました
赤のフードが白との対比でカッコいいと思いオーダーしました
決してレッドビーをイメージしたわけではないですよ^^
boo-red.jpg

こんな可愛い表情もしてくれます
brizard.jpg

最終的には自由に空を飛ばすことですが、今はジャンプアップという止まり木から私の手(グローブ)への行き来の練習です
止まり木からは餌で呼び寄せますが、止まり木には自ら戻り次のジャンプを待つようになりました


興味のある方は当店HPのお問い合わせフォームかお電話にてお問い合わせ下さい

少し涼しくなりシュリンプ飼育用品の製造卸の仕事が忙しくなってしまったので更新頻度が減ってしまうと思います

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 21:03| 当店のオリジナル商品

2015年09月09日

あぶない葉っぱ 長期欠品中です

あぶない葉っぱ 長期欠品中でご愛用のお客様には大変ご迷惑をおかけしております
「あぶない葉っぱ」はブラックウォータの元となるタンニンを多く含み、水槽内を自然の雰囲気に演出してくれ、シュリンプの餌にもなる商品で、当店の隠れた人気商品ですが欠品が続いております

「あぶない葉っぱ」は排ガスや農薬等の汚染の心配のないインドネシアの熱帯雨林のジャングルの落ち葉からタンニンを多く含む真っ黒な色でシュリンプ水槽に雰囲気を演出できる小さな(5cm以下)の葉っぱを選別して集めております

この真っ黒な葉っぱは元々、緑色の落ち葉が土壌のバクテリアと雨の水分、そして熱帯の気温により醗酵されてウーロン茶のように醗酵して葉緑素が分解されタンニンの色が出てきたものです

前置きが長くなりましたが^^;

5月にインドネシアから送られてきた葉っぱが、しっかりと醗酵されておらず緑色の部分が残っており返品しました
その後、雨期で水かさが増し採集できないとの事で現在、葉っぱの採集待ちとなっております

こんな所で採集されています
kakimantan[1].jpg

もう少しで雨期の間に何度も乾燥と醗酵を繰り返して真っ黒になった「あぶない葉っぱ」が届くと思いますのでもう少しお待ち下さい
posted by Shirakura at 22:05| 当店のオリジナル商品

2014年10月02日

新商品 ACID WATER 発売中

欠品が続いておりましたブラックウォーターfulvo+の代わりとなる製品がようやく販売となりました。
大変遅くなってしまい誠に申し訳ございませんでした。

レッドビーサンドのPH調整機能や水槽立ち上げ中のバクテリアや微生物に悪影響を与える酸性のタンニン酸が少なくシュリンプの活性や繁殖、バクテリアや微生物の繁殖を促進するフミン酸やフルボ酸を多く含む物がやっと見つかりました

ブラックウォーターから特殊製法でフミン酸やフルボ酸を抽出した製品です
この様なフミン酸やフルボ酸の抽出液は美容や育毛など人間の細胞活性化にも使用され非常に高価なのですが、メーカーのご協力により価格もブラックウォーターfulvo+より安く出来ました
(定価なくオープンプライスですので小売店様により多少価格が異なると思います)

acid-water.jpg

商品名はミニマブリーダーシラクラらしく直球で酸の水「ACID WATER 」です

約1年、欠品を続けてまで納得できるものを実験しながら製品化した自信作です
必ずシュリンプ飼育のお役に立ちますので、ぜひ、お試し下さい
posted by Shirakura at 18:21| 当店のオリジナル商品

2014年03月07日

お知らせ

ブログを放置し、新年のご挨拶も出来ず申し訳ございませんでした
当店商品の国内需要の安定と、海外の広まりと円安による需要の伸びで昨年末から休みも取れないくらいです

おかげ様で今年はミニマブリーダー シラクラとして活動し始め10年、シュリンプ専門店を始めシュリンプ専業に人生をかけて10周年を迎えます

これからもミニマブリーダー シラクラをよろしくお願い致します


今回は長期欠品中の ブラックウォーター fulvo+のお知らせです

ご愛用いただいているお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが主原料の輸入元に原料が輸入されず出荷未定となっております

ご愛用のお客様にはご迷惑をおかけしますがレッドビーサンドのまき足しで近い効果が得られますので入荷まで代用をお願いします

ブラックウォーター fulvo+と一般的に売られているブラックウォーターとの違いはタンニン酸という殺菌やPHを下げる成分が少なく、フミン酸とフルボ酸という成分が多いことです
また名前の通り主原料のブラックウォーターにフルボ酸を添加して強化しております

他のブラックウォーターもテスト中ですので主原料変更も含めて再販したいと思っておりますが
レッドビーサンドに使用する際はPHが下がらないと言うことも大切で、なかなか代用の主原料が見つかりません

どういう形になるか分かりませんが、品質を落とすことなく再販をしたいと考えておりますので、もう少しお待ち下さい

また、最近、沢山のお問い合わせを頂けますがメールアドレスを間違って入力されお返事が出来ないお客様が少なからずおり、お返事をお届けできず心配しております
お時間を頂く(48時間以内)こともあしますが、必ずお返事をしておりますので、回答が届かない場合はメールアドレスをご確認のうえ、再度お問い合わせ下さい


今後もよろしくお願い致します

ミニマブリーダー シラクラ
白倉

posted by Shirakura at 06:35| 当店のオリジナル商品

2013年12月20日

飼育マニュアルを改訂

レッドビーシュリンプ飼育マニュアルを改訂しました

発表以来、大変ご好評頂いているレッドビーシュリンプ飼育マニュアルですが、
残念ながら一部のユーザー様から上手く飼育できないというご意見も頂きました

上手くいかない原因の多くは一部、マニュアルを守って頂けない部分があった事でしたが、
私の説明不足もありましたのでマニュアルを改訂しました

生き物相手に完璧なマニュアルなど無いと思いますが、かなりの完成度になったと思います
(今後もよりよくする為に不定期で改訂していきます)

またマニュアルはシュリンプ飼育法のみならず、熱帯魚飼育の基本が学べると思いますので、ぜひごらん頂きお試し下さい

よろしくお願い致します
posted by Shirakura at 11:45| 当店のオリジナル商品

2012年10月14日

怪しい粉の秘密

怪しい粉の秘密.


怪しい粉は変なネーミングですが英名のMineral Supli Powderから分かるようにレッドビーシュリンプやバクテリア、微生物にミネラルを供給する真面目な商品です。

実験に協力していただいたブリーダーさんに初めて送った時に「何ですか?この怪しい粉は!?」と言われたのが商品名の由来です。
余談ですが、そのブリーダーさんは60cm水槽に1袋を全部入れてしまう豪快な事をしてくれレッドビーシュリンプの色揚げ効果を実証してくれました。


怪しい粉も元々は微生物の素と同様に農業の考えを取り入れソイル内の環境を整えることを考えて作った商品です。


アクアリウムソイルは元々農業用の物をアクアリウム用に改良したもので焼成黒土と言われる物です。
「焼成黒土」で検索すれば農業用を詰め替えて売っている無責任な販売業者と同じものが見つかると思います。

注意:レッドビーサンドは(株)広瀬が熱帯魚飼育用に開発した特許製法で製造された多孔質軟質焼成サンドでソイルではありません。

黒土には腐敗した植物質(有機酸、有機物)が多く含まれているのでソイルを底床とした水槽では水草の育成やレッドビーシュリンプの飼育に適した水質を作ることが出来ますが、元々酸性な上にレッドビーシュリンプの糞や餌の食べ残しがバクテリアにより硝化されると底床内がバクテリアや微生物などに悪影響がでるくらいに酸化してきます。
またレッドビーシュリンプやバクテリア、微生物、水草など全ての生物がミネラルを消費するのでミネラル不足も起きてきます。

底床内の環境が悪くなると底床内に溜まったレッドビーシュリンプの糞や餌の食べ残しなどがバクテリアや微生物によって分解されなくなり底床内は雑菌の温床と化し、最終的にはレッドビーシュリンプが死んでしまいます。
水槽崩壊と呼ばれるレッドビーシュリンプ全滅の原因の一つです。

そこでアルカリ分やミネラル分を豊富に含んだ怪しい粉を撒いて底床内の酸性の中和やミネラル補給することで底床内の酸性化やミネラル不足の予防する効果があるのです。


例えると空気中と水中と違いますが、同じ畑で作物をを作り続けると土が酸化したりミネラルがなくなったりして作物が育たなくなるのと同じ考えです。
小学か中学で習ったと思います。
 
もう一つの怪しい粉の秘密はカニ殻が入っていることです。
パッケージに書いてあるので秘密ではないですが・・・・。

カニ殻は土壌中のバクテリア(放線菌など)や微生物の繁殖を促進しレッドビーシュリンプの糞や餌の食べ残しの分解を促進します。
またレッドビーシュリンプの殻に近い成分(キチン、キトサン、グルコサミン等)を含んでいるのでシュリンプの成長にも効果があります。

注意:怪しい粉のカニ殻は健康食品に使用される国産で完全洗浄(身が残っていると腐敗や酸化を起こす)、殺菌済みの物を使用しております。


当店では怪しい粉を微生物の素を1袋:1袋で混ぜて使用しています。
怪しい粉の成分が微生物の素から発生するバクテリアの微生物の活動を助け、活動により発生した酸化物を中和してくれるからです。

怪しい粉がレッドビーシュリンプ飼育のお役に立てば嬉しいです。

可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


posted by Shirakura at 15:31| 当店のオリジナル商品

2012年10月13日

微生物の素の秘密

微生物の素は10年ほど前に私が自身のレッドビーシュリンプのブリードに必要なアイテムとして自作したのが始まりです。

現在では多くの方が効果を認めていただきレッドビーシュリンプ飼育の定番商品となっており、類似品を色々なメーカーやショップさんが発売しています。
もう昔のことなのでご存じない方も多いかもしれませんが、レッドビーシュリンプ飼育用にこのタイプの添加剤を販売したのは当店が1番最初です。、


微生物の素は簡単に説明しますとバクテリアや微生物(ゾウリムシなど)を培地に乾燥休眠させた商品です。


現在の商品パッケージには「バクテリアや微生物がレッドビーシュリンプ(特に稚エビ)の餌になる事をメインに書いておりますが、もう一つの目的があります。
パッケージには書ける文字数が限られるので記載しておらずもう一つの効果をご存じない方もいらっしゃると思うのでお知らせいたします。


もうひとつの目的は、バクテリアや微生物が底床の有機物(餌の食べ残しやレッドビーシュリンプの糞など)を分解する事です。

私が当ブログや店頭や電話相談(現在は電話相談のみです)で何度も発信している水中や底床中の有機物濃度を下げる事に非常に効果的な商品なのです。

当店HPの商品説明を確認したところ効果や使用法などの説明が載っていませんでした・・・。
今更ながら申し訳ございませんが次回HPの更新時に掲載したいと思います。

下記は私がレッドビーシュリンプのブリーダーとして活動していた時のHPです。
http://www3.tokai.or.jp/jituroku/page024.html
使用法など今思うと変更しなければならない点もありますが参考にして下さい。

注意:上記のHPの添加量はブリーダーとして数多く繁殖していたときの添加量を基準にしていますので、一般に飼育を楽しんでいるかたはレッドビーシュリンプ成体10匹に対して耳かき1杯を週に1杯位からお試し下さい。


微生物の素の説明はこれくらいにさせて頂き題名の「微生物の素の秘密」について説明したいともいます。
本当は企業秘密的な事なので秘密にしておきたかったのですが、類似品の中には入れすぎると害が出るような粗悪品も多いので違いを知って頂く為に公開できる範囲で秘密を書きたいと思います。


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが微生物の素は「EMぼかし」というものに近く、実際、私も「EMぼかし」をヒントに微生物の素を開発しました。
「EMぼかし」とはEM菌という複合バクテリアを米ぬかなどに繁殖させた物、または前記を生ごみなどに添加し分解させた物で、生ごみの分解や畑の土壌改良に使われるものです。

私の前職はお茶の製造で、日本茶インストラクターの資格を取る際にお茶の栽培の勉強をしている時に「EMぼかし」を知りました。
空気中と水中とは違っても土壌改良という点では同じ効果があるのでは?と思ったのが開発の始まりでした。

しかし「EMぼかし」は主原料が米ぬかや、きなこ、フスマ、生ごみなど栄養分が高すぎる物で逆に水槽内を汚してしまいます。
実際、実験では水槽が白濁したり、コケが出たりと良い結果は得られませんでした。
注意:微生物の素の類似品は「EMぼかし」の様な商品を詰め替えただけの栄養価が高すぎる商品が多いので注意してください。

上記の事から私は、微生物の素の原料をバクテリアを効率よく培養する為の栄養に米ぬかを少量と、栄養価を下げるために水生の植物の繊維を主な原料としEM菌で醗酵させ栄養価の低い製品にしたのです。
注意:配合割合と詳しい水生植物繊維の名前は秘密とさせてください。

水生植物の繊維を主原料とする事はもう一つの狙いがありました。
乾燥休眠のバクテリアや微生物の休眠卵が付着しているのでは?という事と植物の繊維が嫌気バクテリアの餌の炭素源となり硝酸塩の脱窒を促進することです。

狙いは見事的中し北海道大学大学院 水産科 学研究科 環境生物資源科 高橋様の実験では見事にゾウリムシが確認できたのです。
kenbikyou[1].jpg
高橋様撮影の顕微鏡写真で半透明の丸い粒のようなものがゾウリムシです

微生物の素は「EMぼかし」の流用品の類似品様に微生物の餌のみでなく、微生物を発生させる‘‘素‘‘なのです。

嫌気バクテリア硝酸塩の脱窒を促進する事は上記の私のブリーダー時代の実験で硝酸塩の蓄積が添加しない場合に比べ非常に少ないことを確認しております。
当時は水草用のソイルでしたのでレッドビーサンドの底面フィルターを使用した水が底床に通過するシステムでは更に効果があると思います。

水生植物の繊維を使うとヤゴなどレッドビーシュリンプを捕食する生物の発生を心配される方がいるかもしれませんが乾燥させてありますので大丈夫です。
また水生植物の繊維を粉砕する際に乾燥休眠のバクテリアや微生物の休眠卵が熱で死んでしまわないように熱の発生しにくい石臼で時間をかけて粉砕しておりますので昆虫などの卵は潰れてしまいますのでご安心下さい。


以上が公開できるギリギリの微生物の素の秘密ですが他の類似品との違いをご理解頂き、効果を実感していただければ嬉しいです。

可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 08:14| 当店のオリジナル商品

2012年08月10日

暑さもやわらぐ写真

私が今住んでいる住宅兼仕事場の裏には林があり、勝手に「我が家の裏庭」と呼んでます
夏は緑が生い茂り強い日差しを遮ってくれます

パソコン越に見えるので目と心を休めるために眺めています

四季折々色々な姿を見せてくれるので、その都度ご紹介したいと思います

夏の話題を考えていたのですが、撮り貯めた写真を探していたら夏の写真がなかったので

fuyu.jpg


少しは涼しくなって頂けたでしょうか?

バナークリックご協力お願いいたします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


posted by Shirakura at 13:04| 当店のオリジナル商品

2012年07月16日

ブルカシステム低PHサンド

最近、がんばってブログを書いていますが文字ばっかりでエビがいないことに気が付きました(汗

現在、広瀬社の特許技術ブルカシステムを利用した低PH(試作品値の水質5〜5.3)で長期安定するシュリンプ用サンドを開発中なので


試作の低ph(5)の実験水槽とレッドビーサンドの選抜交配水槽の動画を撮ってみました

ぶっつけ本番で初めて撮ったのでピンボケ、手振れ、コメントなど見苦しい点はお許し下さいm(_ _)m

動画で伝えたかった事を要約しますと下記のようなことをです
レッドビーサンドの底面フィルターならこんな小さな水槽(S水槽)でも簡単に繁殖可能なこと
餌の与えすぎに気をつけ綺麗な水(水中に溶け込んだ有機物が少ない水)を保つことを心がければシュリンプは元気に動いてしっかりと育つと言うこと
綺麗な水の調子の良いシュリンプの動きはこんな感じですと言うこと 






実験で検証したいことは
1、PHの違いでの多種多様のバクテリアや微生物が繁殖し完全に水槽立ち上がるまで(おおよそ3ヶ月後)の調子
(投入後のエビの動き、稚エビの生存率、成長スピード、コケの生え具合、などです)


2、最終的に調子が崩れるまでの期間、それまでのPHの安定性

3、現在低PH5を安定させて長期維持できるシュリンプ用ソイルが無いためブルカシステムを利用し製品化したい(メーカー広瀬社が4月より試験中)
 

現在までの結果
まだセット後20日くらいでこれからの水槽ですが結果としては

1、投入後3日くらいのエビの動きはph5はあまり動きませんでした
単に元々、PH6.5の水槽から移動したからかもしれません(水合わせは十分しました)
その後はPH6.5の方がちょっといいかな〜という位の僅かな違い

2、稚エビの生存率
試作の低ph(5)とレッドビーサンド2つの水槽ともに50匹以上の稚エビが順調に育っている
低PHだと雑菌の繁殖が抑制されるので期待したがPH6.5でも普通に育つので違いが不明だった

今後、汚れが蓄積してきたときに差が出るかを引き続き検証

3、成長スピード
PH6.5の方がコケが出やすく餌になるために若干成長が早い
今後、水が出来てコケが出なくなってきたらどうなるか引き続き調べたい

低PHでは餌の食べ残しなどが浮泥(デトリタス)といわれる半分解の状態で蓄積しやすく、浮泥を餌にする微生物が増えるため稚エビの餌が増え成長に差が出る可能性がある


4低PHはコケがほとんど生えない(広瀬社製ソイルは養分が少ないので)
低PHではコケも抑制されるのでモスが綺麗に生える(モスの適正水質でもある)ので水質浄化に役立つ
コケを放置しているとコケの繊毛(ケバケバ)に有機物が付き雑菌の原因になることがあるのでコケが生えないというのはかなりのメリットである
今後、汚れがたまって来たときにどうなるか様子を見たい


今後も引き続きテストをし今秋(10月位)に発売する予定です
ビーシュリンプを低PHで飼育している方、シャドー系は低PHじゃないとと思っている方などにお勧めです

ブログ村バナーのクリックご協力お願します
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 11:02| 当店のオリジナル商品

2012年07月08日

新商品 レッドビーバクター

新商品 レッドビーバクターが新発売となりました

構想から約1年、やっと自信を持って販売できるものが出来ました

従来のバクテリア商品と違いアンモニアや亜硝酸の分解のみならず
水中や底床中の有機物の分解に優れた商品です


redbeebactor.jpg


水中や底床中の有機物の濃度が上がるとシュリンプにストレスが掛り
シュリンプの活性低下や色飛びが起こります

シュリンプは単純な生き物なので水換えや掃除で水中や底床中の有機物の濃度を下げると
急にシュリンプの活性低下や発色が良くなります

レッドビーバクターを使えば水中や底床中の有機物を全て分解してくれるわけではないですが
水換えや掃除と一緒に使用することにより、水質や底床中のコンディションをより良い状態に戻すことが出来ます

また水槽立ち上げから連続して使用することにより水中や底床中の有機物の蓄積を防ぐことが出来ます

またレッドビーシュリンプは水中や底床中の有機物を餌にして繁殖する雑菌に非常に弱く、
雑菌が繁殖すると弱い個体から順にポツリ、ポツリと死んでいきます
稚エビはより弱いので少しの雑菌の発生で全滅してしまいます

レッドビーバクターは有機物分解酵素とバクテリアの力で雑菌の餌となる水中や底床中の有機物を分解し雑菌の繁殖を防ぐほか、配合されている乳酸菌が雑菌やウイルスを制御するのでシュリンプの生存率も上がります

シュリンプがポツリ、ポツリ死んでしまう方や稚エビが消えてしまう方は、餌や添加物の与えすぎに注意したり、水換えや底床掃除などで蓄積した有機物を排除し、レッドビーバクターも使用してみて下さい

シュリンプバクターは、きっと貴方のシュリンプ飼育のお役に立つと思います

ブログランキング参加しました
シュリンプ飼育に情報を発信していきたいと思います
ポッちっと協力お願します
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 18:58| 当店のオリジナル商品

2012年06月03日

新商品発売!!

エビ玉シュリンプフードの色揚げ用「エビ玉VIVID」が新発売となりました

vivid.jpg

色揚げ成分のみならず栄養価、嗜好性にも拘りエビ玉シリーズ最高のシュリンプの集まりとなりました
今後もより良い製品開発に励みますが現段階では最高のシュリンプフードと自信をもってお勧めできます

商品開発実験水槽でエビ玉VIVIDに集まるシュリンプ
vividama.jpg
posted by Shirakura at 09:29| 当店のオリジナル商品

2011年03月23日

超極細竹炭

発売を延期しようとも思いましたが先日のブログで書いたとおり
minima breeder shirakuraができることと言えばシュリンプの事ですので
新商品をリリースすることに致しました

現在では少なくなってしまった職人さんが国産の竹の枝を丹精込めて焼き上げた枝状の竹炭です
P1130113.JPG

中央がパッケージに入った商品で超極細竹炭が形状や太さにより7本から10本入っています
右が商品ラベル
左は商品ラベルの上に超極細竹炭を置いています
takesumi.jpg

水槽でのレイアウト例
sand-sumi.jpg

セッティング直後は吸着効果により水質浄化に役立ちます
その後は表面にコケや多孔質部にバクテリアが沸くので表面をツマツマします

ソイルに刺してレイアウトすると先端までシュリンプが上りますので見ていて楽しいです
posted by Shirakura at 19:02| 当店のオリジナル商品

2009年11月24日

大好評です!!

おかげ様でBlack water fulvic+とあぶない葉っぱ Southeast Asian Leaf が大好評で一部のお取扱店様で売り切れになっておりご迷惑をおかけしております

既にご愛用頂いているお客様、誠にありがとうございます

さっそく多くのお客様に様々な反響を頂いております

Black water fulvic+は効果の表示通りシュリンプの活性が上がったという反響が多いです

その結果、
「シュリンプの成長が早まった」
「シュリンプの発色が良くなった」
「殆どのメスが抱卵している」
「シュリンプが抱卵した時に色が飛ばなくなった」
「シュリンプが卵を沢山抱える様になった」
「シュリンプが連続して卵を抱える様になった」
「シュリンプが大きく育つ様になった」
「いつも物影に隠れていたシュリンプが出てくるようになった」
「ツマツマするスピードが速くなった」
等々・・

大変嬉し反響が多かった反面、
あまり効果が感じられないという残念な結果も少々ありました

元々、環境が良くて上手く飼育されている方で効果があまり感じられない方にも必ず良い効果がありますのでご愛用下さい

心配なのは何か他に問題を抱えている水槽で使用されて効果が感じられない方です
Black water fulvic+は上記のような反響がありますが万能薬ではありませんのでもう一度飼育環境を見直して頂いた後に効果を感じて頂きたいと思います

当店ではシュリンプの普及の為、飼育に問題を感じている方に店頭で実際に繁殖水槽を見て頂きながらアドバイスをさせて頂いておりますのでぜひ一度ご来店頂き参考にして頂ければと思います
(ご来店前にはお電話で営業を確認願います)
(遠方の方もぜひご来店頂きたいですがお電話でも質問をお受け致します)


実際、当店の水槽でもBlack water fulvic+の効果で殆どのメスが抱卵して抱卵していない成体のメスはいつ抱卵しても良いように卵巣が発達して頭の中が黒く見えています
抱卵個体は今までより卵を多く抱えて袴と言われるお腹の殻が大きく張り出し迫力ある体型になっています

またシュリンプがBlack water fulvic+を使用する以前より大きく育ち3cmオーバーも増えてきています


あぶない葉っぱ Southeast Asian Leaf は皆様に自然な雰囲気を楽しんで頂ければと思ったのですが、

「自然な雰囲気がとても良い」
「葉っぱの下に隠れるシュリンプを見るのが楽しい」

という意見の他、予想以上にもう一つのメリットの
稚エビの良い餌場&隠れ家になる点を気に入ってご購入いただける方が多いようです

当店でもテスト段階の葉っぱ選びから実際のテストを経て3ヶ月程経ちますが稚エビが良く集まっていますしエビに食べ尽くされている葉っぱも出てきています

日本ではあまり見ない黒い葉っぱは早くバクテリアや微生物が表面に沸く様で分解が早いです

もう一つの丸に近い葉っぱは少しカールしているのでエビの隠れ家になり易いです

はじめは必ずしもご使用して頂かなくても良い補助的な商品と考えておりましたが今はお勧め商品ですA^^;

まだお試し頂いていない方はぜひお試し下さい

宜しくお願いします



posted by Shirakura at 00:12| 当店のオリジナル商品

2009年09月21日

新商品その2

当店では本当に必要な物しか販売しないと久しぶりに新商品のご紹介をしましたばかりですが、もう1点ご紹介します

こちらは本当に必要かと尋ねられたら、正直なところ「いいえ」m_ _mと答さざるをえませんが、なかなか効果があり水槽内を自然の雰囲気に演出してくれる良い商品だと思います


ネーミングもシラクラらしく楽しいネーミングで

その名も あぶない葉っぱ Southeast Asian Leaf です


排ガスや農薬等の汚染の心配のない東南アジアの熱帯雨林のジャングルの落ち葉からシュリンプ水槽に雰囲気を演出できる小さな(5cm以下)の葉っぱを選別して集めました

水槽内に沈め流木や水草の下にレイアウトするとすごくいい感じになります
葉っぱの下に隠れてお顔を出しているシュリンプを見ると自然下での様子を想像でき楽しいです

効果としては葉っぱから有機酸が出てシュリンプやバクテリアを活性化させ、表面に微生物やバクテリアが湧くので稚エビの良い餌場&隠れ家になります

アロワナ部門の仕入れで訪れる東南アジアのジャングルの葉っぱ採集地の写真です
ビーシュリンプも自然下ではこのような環境に生息していると思います
kakimantan.jpg
ogawa.jpg


当店があぶない葉っぱ Southeast Asian Leaf を販売すると、すぐ類似品が出ると思いますが、その辺(日本)で採集された葉っぱでは排ガスや農薬等で汚染されている可能性もありますのでご注意下さい

もうこれで当分の間は新商品はでないかもしれません

posted by Shirakura at 03:22| 当店のオリジナル商品

2009年09月13日

久しぶりの新商品

当店の商品は私がシュリンプをブリードする時に必要な物のみを開発し販売しております

販売アイテムを増やすが為に飼育に必要のないものをやたらと開発する事はありません
そのため、ここ数年は新商品を発売することはなかったのですが
久しぶりに自分の中で大ヒットどころか特大ホームラン級の商品が開発できましたので発売(10月1日予定)を前にご紹介します

商品名はBlack water fulvic+100ml です
           有機酸   フルボ酸プラス

開発のきっかけはブリーダー仲間の水槽でシュリンプの活性や抱卵率が非常に高いのを見た事です
そのブリーダーさんは肥料分を非常に多く含む水草用のソイルを使ってシュリンプをブリードしていました
更に水草用のソイルに含まれる何かがシュリンプの活性や抱卵率を上げるので毎週新しい水草用ソイルをカップ1杯水槽にいれているとの事でした

しかし水草用ソイルは肥料分を多く含みレッドビーシュリンプに有害な窒素分(アンモニア、亜硝酸、硝酸塩)を水中に放出する為、一歩間違うとシュリンプが全滅する恐れがあります
そのため、そのブリーダーさんは外部濾過を2台使用しバクテリアの活性を上げるため水槽内に大量のエアレーションをしていました

濾過機能を上げれば有害なアンモニア、亜硝酸は分解されますが硝酸塩が蓄積するので水槽内は苔まみれで、硝酸塩は500ppmを超え試験紙では測れない位(理想は50ppm以下)、きっとリン酸塩も蓄積していてとてもシュリンプに適した環境とは思えない状態です(Hさんごめんなさい)

それなのにシュリンプは非常に元気で大量繁殖しているのです

他にも多くのブリーダーさんは肥料分を非常に多く含む水草用のソイルをレッドビーシュリンプに有害な窒素分(アンモニア、亜硝酸、硝酸塩)と闘いながら使用しています

レッドビーサンドと底面フィルターで水槽で立ち上げれば6時間〜10時間でシュリンプを入れる事が出来るのに彼らは1〜2か月も掛けて水槽を立ち上げるのです
逆に言うと、そこまで苦労して立ち上げても良いと思うだけの効果があると言うことでです

では水草用のソイル効果とはなんでしょう!?

第一の効果はソイル内に含まれる未分解の有機物が多くバクテリアや微生物、稚エビの餌になる事で繁殖率が上がるの事


第二の効果は肥料分を非常に多く含む水草用のソイルに多く含まれる有機酸の効果でシュリンプがとても活性化する事

私は以上の2点のが水草用のソイルの効果だと考えます


亜熱帯原産のビーシュリンプは雨季に雨が降り落ち葉や倒木がバクテリアや微生物に分解された養分や有機酸が川に流れ込んで来ると活性が上がり繁殖行動を起こすので上記の2点が非常に効果的なのです

しかし肥料分を多く含む水草用のソイルは過剰な養分を処理するのが大変ですし濾過のバランスや水質を保つのが大変です

そこで当店は6時間〜10時間でシュリンプを投入でき、サンド内にバクテリアが繁殖した後は強力な濾過作用で良好な水質を保てるレッドビーサンドと底面フィルターでシュリンプを飼育しレッドビーサンドに足りない上記の2つの効果を添加剤で適量を補う事が最高の飼育環境だと考えます

バクテリアや微生物、稚エビの餌を補い繁殖率を上げるには微生物の素を適量添加する事であまり飼育水を汚す事無く効果が得られます

シュリンプを活性化するには有機酸の中でも特に生物の活性化効果が高い有機酸のみを抽出したBlack water fulvic+を適量添加する事で飼育水を汚す事無く効果が得られます



ブルカシステム(レッドビーサンド)を代表とする吸着系と言われるソイルに何か不足を感じていた方、水草用の栄養系と言われるソイルで水質悪化や立ち上げの手間に不満を持たれていた方は

ぜひBlack water fulvic+微生物の素レッドビーサンドの組み合わせで簡単に繁殖を楽しんで下さい


posted by Shirakura at 02:11| 当店のオリジナル商品

2008年11月23日

エビ玉シュリンプフードとは

当店のオリジナル商品エビ玉シュリンプフードは
私が趣味で飼育している時に満足できる餌がないので自作しインターネットで販売したところ、非常に食い付きが良いと大評判になった日本初、もちろん世界初のレッドビーシュリンプ専用フードです

その後、プロブリーダーとして2005年4月、
日本初の専業のシュリンプ専門店をオープンする際に更に改良を加え現在ではシュリンプフードの定番として日本のみならず世界の皆様にご愛用頂いております

EuroーSHIRAKURAのHP
http://www.shirakura-shop.de/index_en.htm

エビ玉シュリンプフードを水槽に投入するとシュリンプがまっしぐらに集まってきます


最近、国内外で弊社商品の偽物や類似品が多数流通しているようです。
お客様飼育のシュリンプや水族生物の安全を守る為、実績と安心の当店オリジナル商品を「ホームページに記載の全国の代理店」にてお買い求め下さい。
よろしくお願い致します。
posted by Shirakura at 09:22| 当店のオリジナル商品