2015年09月15日

ちょっとした事に拘る

大変申し訳ございません
また投稿予約の記事がブログ村ランキングに反映されてしまいました
今回は気をつけたのですが原因が分かりません
ブログ村のリンクも貼っていないのに・・・
投稿予約のままだと記事が見れないのでクリックして頂いた方に失礼なので明日予定でしたが公開いたします

ちょっと神経質かもしれませんが、私は飼育用品を購入したら飼育水に触れる物は必ず激落ち君(メラミンスポンジ)で丁寧に洗います

飼育用品の製造時にシュリンプに有害な物が付いているかもしれませんし、問屋さんや物流倉庫でバルサン(殺虫剤)を焚いているかもしれません

水槽に手を入れるときは石鹸で手をよく洗って、よく濯ぎます
トイレに入っても手を洗わずにご飯を食べる私ですが^^;

エアポンプは送風のハウジング部がゴム製なのでゴムの臭いが気になり2〜3日空運転してから水槽に使います

人(私)が作業していると二酸化炭素を吐き出して空気中のCO2濃度が上がるので換気扇で換気しており、住んでいる場所がR246の近くで県道に面しているので外気から排気ガスが入ってくるので換気扇に集塵フィルターとNoXフィルターをつけて換気し、更にpm2.5対応の空気清浄機をい強で運転しています

当然、家の中では殺虫剤や虫除けスプレーは使いませんし、虫除けを付けた時は水槽部屋へ入る前にシャワーを浴びます

商品のパッキングや伝票作業などをするパソコン部屋は26〜28度のエアコン設定ですが水槽部屋は水温24度以下をキープの為にエアコンは24〜25度設定です

水槽部屋は湿気が高くなるのでカビが生え空気中に胞子が飛ぶと良くないので除湿機で湿度を抑えています

もう完全に病気ですよね^^;


可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



posted by Shirakura at 17:20| とことん拘る飼育マニュアル

動画を撮ってみました

「簡単確実!飼育マニュアル」に私、シラクラの拘りを加えた、「とことん拘る飼育マニュアル」の水槽をスマホで動画撮影してみました
(最近のスマホは凄いですね)

レッドビーサンドと底面フィルターのみ、水作りなしで投入(今回はサンド内の気泡抜きのみしました)で簡単に殖えております

実は「簡単確実!飼育マニュアル」のテストの時から3年ぶりくらいのブリードでちょっと心配だったのですが^^;

いつもながら一発本番で撮ったので話にまとまりが無く、私本人も何を言っているか分からない部分がありますが,どんな雰囲気かだけでも伝わればと思いますのでご覧下さい

https://www.youtube.com/watch?v=Gd-AKxFhu0A&feature=youtu

ちなみに、こちらは簡単確実!飼育マニュアル」のテストの時の動画です
セット3〜6ヶ月後くらいなのと種親が多いので数は多く殖えていますがコケが多かったりモスの状態が悪いです
上の、「とことん拘る飼育」の動画の方が状態が良いと分かって頂ければ嬉しいです


詳細は下記を参照下さい
*マークは私が動画で伝えたかった所です

☆立ち上げ 7月1日頃(忘れた^^;
シュリンプ投入はサンド内の気泡が抜けて通水が良くなった 7月10日頃、

☆水槽 
幅25cm×奥行き45cm×高さ30cm

☆レッドビーサンド
*6〜7kg使用 厚み7〜8cm

☆底面フィルター
ニッソーバイオフィルター 板2枚 立上げパイプ2本

☆エアポンプ
ニッソー サイレントβ120 を中間位の強さにして2カ所のエア排出口を分岐せずニッソーバイオフィルターの立上げパイプへ直結
*そのため水流がかなり強い=サンド内への水の循環が良くろ過能力が高い

☆ワンタッチ
*水流をワンタッチへ当てて拡散させ水底は水流を無くす

☆ライト
コトブキ フラットLED 900  
1000kとの事ですがクリアー感が高く見た目が綺麗
赤と青のLEDも沢山配置されているのでモスの発育もよく、エビの発色も良い

☆シュリンプ 種親
15mm〜20mmの即戦力15匹(オス5〜6 メス9〜10の割合だと思う)
*10年以上前から交流のある信頼できるブリーダーさんに譲ってもらった
色や表現だけでなく大きさや体系も魅力の血統

*オスが角が長く、最近あまり見れなくなったカッコいいオス
動画でわかって頂ければ嬉しいです

*9月14日現在11匹生存  オス4 メス7(4匹が2度目の抱卵中)
4匹が★になってしまいましたが環境が変わるので仕方がないことだと思います
半年後に導入したシュリンプの倍以上の数に殖えていれば良いと思います
*導入1月以内でメスが全て抱卵し8月中旬に下旬にかけて孵化、4匹が卵を放して直ぐに抱卵し他の3匹も卵巣が黒く透けている
*吸着系といわれる肥料分の少ないレッドビーサンドでも水が良く(水中の有機物濃度、雑菌濃度が低い)シュリンプの活性がよければ、しっかり殖えます

☆稚エビ 
*5mm〜8mm位が見えるところだけで50匹以上
孵化後、約1ヶ月で5mm〜8mmなら植物質の餌(エビ玉VIVID)メインとレッドビーバクターの粉なら順調だと思う
7匹かから産まれているので1匹あたり10匹なので、まあまあの生存率

◎今後
水槽の生態系が出来上がってサンド上にバクテリアや微生物が多くなれば、もっと稚エビの生存率が上がるはず

3〜4ヶ月後には今の稚エビが親になり、この血統だけでも水槽が2〜3本増えている予定です
実は他にも種親を仕入れて沢山水槽を増やしています

アロワナの生息地調査、輸入やハヤブサのファルコンリー計画等の新しい挑戦でシュリンプブリードが疎かになっておりましたが・・・・

やはりレッドビーシュリンプは楽しいですね!



可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月14日

新品に拘る

私は水槽をリセットするときは水槽以外、殆どの物を新品にします

消耗品はもちろん、再利用できそうな物でも思わぬ落とし穴があるので、できる限り新品に交換します

先日、記事にしたエアポンプはリセットまでの約1年で空気を送り出すゴム製の部分が伸びでエア圧が相当落ちていますから絶対交換が必要です

エアチューブも硬化して来て接続部分が抜けやすくなりますし、分岐コックなどは中に汚れが詰まって穴が小さくなり空気の流量が落ちてしまいます

昔、エア流量が弱いので何が原因か調べたら分岐コックに汚れが詰まっていて穴を覗くとハッキリ分かるくらい穴が小さくなっていたのです

底面フィルターも排水パイプやストーン、チューブが苔やバクテリアフィルムで汚れて通気、通水が悪くなっています
交換パイプセットを購入して底面板は再利用しても良いのでは!?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、プラスチック部品は劣化すると硬貨して弱くなるのでジョイント部の薄い部分が割れてしまうことがあります

「簡単飼育マニュアル」では、あまり物を使わないので・・・・・
あとワンタッチくらいでしょうか!?
ワンタッチも足の金属部分がステンレスっぽいのですが若干錆びるので、やはり新品交換します

そして最後は一番高いライト(蛍光灯)です
蛍光灯は見た目の明るさはあまり落ちていなくても、半年くらいで水草を育成する効果が落ちてくるそうです

「簡単飼育マニュアル」では水草は植えないですが、モスの成長が悪いと水中の有機物や硝酸塩を吸収してくれなくなるので困ります
光のエネルギーはバクテリアや微生物の増殖にも影響していて稚エビの生存率、成長にも差が出ると思います
また光(特に短波長)はシュリンプの発色に大きく影響します

ブログの本題からは外れますが最近、長持ちするLEDライト(コトブキのフラットLED)に変えました
熱もあまり出ないですし水草に良い赤の長波長ト、シュリンプの発色によい青の短波長ともに入っているのにクリアーな色合いでとても気に入っています

最後に、物ではないですがモスも水槽リセット後の生態系が出来上がっていない時は枯れた部分が雑菌の温床になるのでトリミングして綺麗な緑の部分のみ使用します

可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月13日

エアポンプに拘る

下書き用に飼育マニュアルの文章をコピペして予約投稿にしたつもりが、間違えて投稿してしまい一度削除しました
ご覧になった方は変に思ったかもしれませんね・・・
大変失礼しました

私はエアポンプの流量や性能にも拘っています

簡単飼育マニュアルでは「底面フィルターのパイプへのエアの供給量は毎分1L以上を供給してください。」としていますが、文字通り最低1L以上なので最高で2L出るエアポンプを底面フィルターの循環パイプ1本に使っています

理由は2つあります

1、レッドビーサンドはろ過機能を持ったソイルなので、サンドへの水の循環量でろ過能力が変わるからです。

毎分2Lのエアーを底面フィルターの循環パイプに水流が凄いことになり水流を殺すのが大変なので、簡単飼育マニュアルでは最低で毎分1L以上としておりますが毎分2Lのエアーでサンド内に水を循環させると水槽立ち上がりや、その後の調子が違います

簡単飼育マニュアルを実践中の方、これから試したい方は水流を殺すのに少し苦労しますが水流の向きやワンタッチなどを使って水流を殺す工夫をして通水量アップにチャレンジしてみてください


3、エアポンプは早い物(俗に言う外れ)だと使用開始後2〜3ヶ月ほどでエア流量が減少してしまいます


最高出力が毎分1Lのエアポンプで水槽を立ち上げると2〜3ヶ月ほどでエア流量が減少してしまうことがあり、サンドの敷き方の不具合、餌の与えすぎや、水温上昇など色々な要因が重なると水槽の調子が崩れてしまうことがあります

ですから私は最高で2Lのエアポンプで流量調整ダイヤルの付いたものを使い、最初は流量を少し弱めておいて、底面フィルタ立上げパイプの排出量の低下と共に流量調整ダイヤルを強く調整して立上げ当初の流量を保っています

ぜひ、エアポンプをご購入の際はエア流量に余裕のあるものをお選び下さい

可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 12:00| とことん拘る飼育マニュアル

レッドビーサンドの敷き方に拘る

レッドビーサンドは普通のソイルとは違い内部が多孔質構造になっており、サンド1粒1粒の内部に水を循環させることにより高いろ過能力を発揮します
またPHをバクテリアや微生物が一番繁殖しやすく、弱酸性を好むレッドビーシュリンプに合ったPH6.5前後に安定させてくれます

sand[1].jpg
*上記の機能は広瀬社の特許です
特許を侵害する類似の効果を謳った商品が出回っておりますが、同様の効果は得られませんのでご注意下さい

レッドビーサンドの性能を最大限に発揮させるにはサンドの1粒1粒に、しっかりと水を循環させる必要があります

レッドビーサンド粒1粒に、しっかりと水を循環させるには先日の底面フィルターのセット法など他にも色々とありますが、今回は、拘った敷き方をご紹介します

レッドビーサンド粒1粒に、しっかりと水を循環させるには、一部だけ集中して水が通ったりサンドとサンドの隙間に水が通ったりしてはいけません

一部だけ集中して水が通るのを防ぐには

サンドが薄いと底面のパイプ付近ばかり水が循環してしまうので厚く敷いて抵抗をかけて、水圧で水槽底面の全体から水を循環させることです

簡単飼育マニュアルでは底面板から5cmとしておりますが私は45cm水槽で6〜7cmで60cm以上のでは7〜8cm敷いています
理由は大きな水槽だとサンドを平に敷き難く凸凹してしまい凹んだ所を水が通りやすくなるので更に厚く敷いて凸凹の影響をできるだけ少なくしたいからです

厚く敷くとサンドのコストがかかるので、最低は5cmですが、より良い環境を求める方は、もう少し厚めに敷いててください

サンドとサンドの隙間に水が通りにくくする為には

サンドとサンドの隙間に水が通りにくくする?と思った方はいませんか?
普通のソイルや砂利などで底面ろ過をする時はソイルや砂利の間に水を通してろかしますよね!
しかし、レッドビーサンドの底面フィルターでは、できるだけ、隙間を減らしたいのです
上にレッドビーサンドは粒の内部に水が通り高いろ過能力を発揮すると書いているのでピントきた方も多いと思いますがレッドビーサンドの場合は粒と粒の隙間ではなく粒の内部に水を通過したいのです

サンドとサンドの隙間に水が通りにくくする為には、サンドの大きな粒と小さな粒が石垣の様に組み合って隙間を塞がなければなりません

私はサンドとサンドの隙間に水が通りにくくする為に、サンドを底面板の上に敷いたら水槽を前後左右に揺すります
するとサンドの大きな粒と小さな粒が石垣の様に組み合って隙間が減るのです
揺すってサンドの隙間が減るとサンドの厚みが減るので水槽を揺する前はサンドを厚めにしいておきます

注意1:あまり揺すりすぎるとサンドが擦れあって多孔質が潰れてしまうので注意してください

注意2:水槽がフレームレス、大きな水槽、水槽台が弱くて心配な方は無理に揺すらなくても、水を1ヶ月くらい循環させていれば自然と引き締まってきますので、飼育マニュアル通り2〜3ヶ月は餌の与えすぎに注意しながら飼育すれば大丈夫ですのでご安心下さい

少しの手間ですが、以上の様に工夫するだけでろ過能力が格段によくなりますのでお試し下さい

可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月12日

底面フィルターに拘る 

みなさん、こんばんは
ブログ再開3日目にして、どうやってブログを書こうか悩んでしまいました^^;

「とことん拘る飼育マニュアル」は「簡単、確実飼育マニュアル」の詳細版のようものですので
「簡単、確実飼育マニュアル」の順番に沿って進めて行きたいと思います

まずは水槽のセット方法からですが、水への拘りのことは前回書いたので
今回は底面フィルターについて書きたいと思います

底面フィルターの性能はなんといってもニッソーバイオフィルターが一番です!
「簡単、確実飼育マニュアル」では「※その他の底面フィルタ−では十分なろ過能力が得られないことがあります」と記載しておりますが、私は絶対にニッソーバイオフィルターしか使いません

理由は「簡単、確実飼育マニュアル」にも記載済みですがニッソーバイオフィルターの底面板はスリット(切れ間)が多く板全体に水が通り、立ち上げパイプの形状やエアストーンのエアーの出方が非常によく、水の循環性に一番優れているからです

しかも安い^^

そして水の循環量をしっかりと稼ぐ為に、必ず底面プレート1枚に1本の循環パイプを立ち上げます

更に、出きるだけ底面板が水槽の底面全体に敷くようにします
ニッソーバイオフィルターの底面板は190×164なので60cm水槽で3枚45cm水槽で2枚、30cm水槽で1枚使用します

30cmキューブ水槽など190×164の底面板がピッタリと入らない水槽はあまりお勧めしませんが
レッドビーサンドのメーカーの広瀬からニッソーバイオフィルターのパイプが付き通水性もよい13cm角の底面板が販売されているので、30cmキューブ水槽などで当店飼育マニュアルを実践したいかたは当店でも販売しているのでレッドビーサンドのご注文時にお問い合わせください


最後に一番重要なことは!


排水口を水面ギリギリにセットすることです
これより高くて空気中でも水中でも水の循環量が少なくなってしまいろ過能力が落ち、サンド内の目詰まりの原因になってしまいます

水流が強くなりすぎてサンドが掘れてしまったり、モスなどが流されてしまう言う方が時々居ますが、「簡単、確実飼育マニュアル」をいしっかり読んで頂きワンタッチへ水流を、当てて水流を分散させてください


底面フィルターでレッドビーシュリンプを飼育する場合はサンド内の通水を良くすることが重要です

通水が悪いと汚れが貯まって雑菌の温床となりシュリンプの活性が落ちたり、酷い場合はポツポツとシュリンプが死んでしまいます

通水を良くする方法は他にも何点か注意点があるので、また次の機会に

可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月11日

水に拘る

先日も書きましたが新しいチャレンジのファルコンリー計画も2年が経ち落ち着いてきましたので、
最近、シュリンプブリードを再開しました
今までの様な実験水槽ではなく本格的にブリード開始です!
もちろん簡単確実飼育マニュアルで繁殖を開始しました

本格的にブリード開始にあたって10年来の付き合いの信頼できるブリーダーさん何人かにシュリンプを譲っていただきました
皆さん私のブリード再会を喜んでくださり私の予算の何倍も良い即戦力の種親を送ってくださいました

そこで当店HPやブログコンテンツの「役立つ飼育法」どおりに丁寧に水合わせして水槽に投入しました
すると水合わせ中もプラケースの底を超高速ツマツマして、その後2〜3日超高速ツマツマしていたシュリンプが、数日後から普通に元気なツマツマに変わってしまったのです

う〜んシュリプは食性が偏る習性があるのでソイル上のバクテリアや微生物が食べつくされ植物質のエビ玉では食欲わかないのかな?など思い1人のブリーダーさんにどんな餌を与えていたのか相談するとショッキングな事を言われてしまいました^^;

「白倉君、そんなこと言ってどうしちゃったの?」と・・・
そして「趣味でブリードしていた時を思い出してよ」と暖かいお言葉を頂きました

趣味でブリードしていた頃はシュリンプに良いと思うことは何でも最高だと思うことをしていたのに
シュリンプ専門店を初めて、飼育用品メーカーになって、効率ばかり考えるようになってしまっていたのに気付かされました

シュリプにとって何が一番大切かと考えると1番最初に思い浮かぶ事は「水」ですよね!

趣味の時は、浄水器無しでも全然カルキ臭くない静岡県の水道水でさえもR/O水を使っていました
アジアアロワナを紅くする為に軟水にするためにR/O水を持っていたのですが、
当時(15年ほど前)、ビーシュリンプにR/O水を使っていた人は殆どいなかったのではないでしょうか!?

R/O水を使用した理由は梅雨の時期に水換えした時にシュリンプの活性が落ちたからです
水道水は水が濁ったときに薬品を使って透明にすることがあると聞いたのでシュリンプには良くないだろうと思ったのです

その後、10年前に専門店を開業して水槽の数が多くなりコットンとカーボンのスタンダード浄水器になり、
お客様にはスタンダード浄水器でも面倒だったり、邪魔でご家族の反対にあったりで使用できない方がいらっしゃるのでカルキ抜きで飼育繁殖できるか検証したのですが東京のカルキ臭い水でも全然平気に繁殖したので、いつのまにか私はスタンダード浄水器で十分では!と思うようになっていました

しかし、レッドビーシュリンプを最高の状態で飼育するには、断然R/O水
カルキ抜き<スタンダード浄水器<R/O浄水器です

R/O水を使用している今では、当店のブリード水槽のシュリンプはブリーダーさんから送られて来た時の様に超高速ツマツマをしております

前記のブリーダーさんに更にお世話になってR/O浄水器を組み立てました
セディメントフィルター×2と加圧ポンプで日産約1tの処理能力なのでストレスなく水を貯めれます^^
ro.jpg

R/O浄水器で出来た純水にはシュリンプミネラル Ca+を添加して150〜200ppmに調整しています
シュリンプミネラル Ca+はカルシウムとマグネシウムのバランスが良く、80種類以上の微量元素を含むのでR/O水のミネラル添加に最適です

この記事をご覧になった方も、ご自身の環境が許す範囲で最高の水を使用することをお勧めします

可能な限り頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル

2015年09月10日

とことん拘る飼育マニュアル始動!

簡単、確実レッドビーシュリンプ飼育マニュアルを作ってから約3年、大変多くの方にお試しいただき好評を頂いております
(当店HPのユーザーズボイスを参照下さい)

しかしながら一部の方には、「今までよりは上手く飼育できているが繁殖が出来ない」、「水槽によって調子よいときと悪い時がある」、「最初の1ヶ月が安定しない」などの相談を受ける事もありました

簡単と確実という難しい組み合わせの為に、上記の一部の方々の環境では確実の方が少し足りないのかと思い
多少、手間や時間、費用が掛かっても、更に良いレッドビーシュリンプ飼育法をご紹介するとことん拘る飼育マニュアルを作りたいと思います

簡単、確実、飼育マニュアルに興味がある方、これから始める方、現在行っている方で更に良い環境を目指したい方にきっとお役に立つ内容だと思います


おかげさまで、新しいチャレンジのファルコンリー計画も2年が経ち落ち着いてきましたので
定期的にブログ更新できると思います(たぶん^^;

可能な限り頑張りますので定期的に見に来て下さい

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 07:43| とことん拘る飼育マニュアル