2012年12月02日

レッドビーシュリンプ飼育で一番大切な事

今までブログで色々と情報発信をしてきましたが、色々書きすぎて一番大切な事が何か伝わっていないのでは?と心配になって来ました


私、白倉の考えるレッドビーシュリンプ飼育に一番大切な事は‘‘水槽内にしっかりと生態系を作り上げること‘‘です。

今までブログで餌を与えすぎないように、底床内を掃除して汚れを貯めないように、など発信してきたのは全てしっかりと生態系を作り上げるまでの注意点なのです。

レッドビーサンドを使えば水槽セット当日に、他のソイルでもソイルの特性によりますがアンモニア、亜硝酸が消えれば飼育は開始できます。
熱帯魚店やシュリンプ専門店でも養分の少な目のソイルを薦めて「1週間水槽を回せシュリンプを飼えますよ」と言うお店が多いようです


飼えると言うと事は、あくまでも「飼育が可能」ということで言うだけで「十分に餌を与えてシュリンプをしっかり成長させ繁殖させる事が可能」というわけではありません。

「十分に餌を与えてシュリンプをしっかり成長させ繁殖させる事が可能」にするには水槽内に多種多様なバクテリアや微生物が沸いて生態系が出来なければなりません。


水槽に生態系が出来るまではソイルの特性にもよりますが3ヶ月〜半年は掛かります。
長いと思うかもしれませんが自然界の摂理を考えれば非常に短い期間です。


‘‘水槽の生態系‘‘と言うことを理解して飼育しなければ‘‘水槽の生態系‘‘が出来るまでにソイルの初期ブレイクやポツポツ病と言われる徐々にシュリンプが死ぬ現象や、ソイルのブレイクや水槽崩壊というシュリンプが全滅する現象が起ってしまいます。

ネット上には○○ソイル良くない、○○ろ過はシュリンプに適さないなど用品が原因の様に言う人がいますがそういう人たちの多くは‘水槽の生態系‘‘を理解していないでソイルやろ過など責任転嫁をしている人だと思います。
注意:農業用の流用品などの一部にシュリンプ飼育に向かないソイルもあることも確かです。

逆に‘水槽の生態系‘‘を理解していれば、どのソイルはどのろ過方式が適していている事が理解でき、どんなソイルでも使いこなすことが出来ます。
また変な情報に惑わされずに、どのソイルや、どのろ過システムが本当に良いものなのか理解できてきます。

では‘‘水槽の生態系をどのように作り上げるか‘‘という事や‘‘水槽の生態系が出来上がった状態とは‘‘という疑問が生まれてくるとお思います。
この2点は使うソイルの特性やろ過システムなどにより変わりますし、経験による感覚的な部分も多く言葉や文章にするのは非常に難しいのです。


そこがシュリンプ飼育を難しく、不確定要素の強いものにしてしまうのだと思います。

下記2点は使用するソイルやろ過の種類により変わってくるので今回は簡単な説明になりますが

‘‘水槽の生態系をどのように作り上げるか‘‘はバクテリアや微生物の繁殖に合わせて徐々に餌を増やしていき必要に応じて水換えや底床掃除する事です。

‘‘水槽の生態系が出来上がった状態とは‘‘底床内のシュリンプの糞や餌の食べ残しがバクテリアや微生物に分解されている事や水中の養分濃度が下がりコケが殆ど出なくなる事が概ねの目安です。


シュリンプの飼育が上手く行かない方は上記を参考に‘‘水槽内にしっかりと生態系を作り上げること‘‘を意識して飼育してみてください。

当店の簡単、確実飼育マニュアルは‘水槽の生態系をどのように作り上げるか‘‘を一番に考えて作っております
またこのシステムでは‘‘水槽の生態系が出来上がった状態とは‘‘も、おおむねコケの出具合やレッドビーサンドの掃除の時の汚れの出具合で判断できるので経験の少ない方に向いている飼育法だと思います。

これからシュリンプ飼育を始める方やシュリンプの飼育が上手く行かない方は、ぜひ当店の簡単、確実飼育マニュアルをお試しいただきたいと思います







可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村