2012年11月20日

吸着系ソイルのブレイク


前回の「ブログを始めた理由」は想像以上の反響を頂きました。
ブログランキングは他にとても面白いブログが多く、私の長くて堅苦しく殆ど文字だけのブログは注目記事でTOP10入りはあまりなかったのですが、TOP10入りしていました。
私の考えに共感頂けた方が多いのだと嬉しく思います。


ブログランキングを始めて知った「吸着系ソイルのブレイク」という言葉があります。
(記事の書き方の参考にしようと注目記事をチェックしています)

吸着系ソイルの底面フィルター飼育で水槽セット2〜3ヶ月後に起るシュリンプの調子が落ちる現象で「吸着系ソイルはブレイクする」「吸着系ソイルは初期ブレイクがある」など言われているようです。


「吸着系ソイルはブレイクする」という人はシュリンプが死んでしまいリセットを余儀なくされる人。

「吸着系ソイルは初期ブレイクがある」と言う人は経験的に水槽セット2〜3ヶ月後に調子の崩れる時期があることを感じ、それを乗り越えれば調子が良くなる事を知っている人だと思います。

吸着系ソイルのブレイクまたは初期ブレイクの原因は共に吸着系ソイルの吸着効果が切れたり低下して起ると思っている方がいるようですが、それは間違いです。
矛VS盾の吸着系編にも書きましたが吸着系ソイルが立上げ初期から飼育可能なのはソイルに含まれる有機物(主に窒素分)の溶出が少ないからです。
*元素記号N窒素=アンモニアNH3、亜硝酸No2、硝酸塩NO3
吸着系ソイルは色素やリン酸塩(ブルカシステムの場合)くらいしか吸着しません。


もし吸着系ソイルに優れた吸着効果((主にアンモニア)があるなら吸着系ソイルと栄養系ソイルを併用した場合、栄養系ソイルから出るアンモニアを吸着してくれるともいますが、私の経験ではアンモニアは消えません。

吸着系と言われるソイルのアンモニアの分解はバクテリアの分解により行われます。
その証拠に上記の吸着系ソイルと栄養系ソイルの併用では1週間後位からアンモニアが亜硝酸へ変化していきます。
ソイルがアンモニアを吸着するなら亜硝酸はでませんよね!


当ブログで何度も言っていますがどんなソイルを使っても水槽の生態系がしっかり出来るまでは3ヶ月〜6ヶ月はかかります。
吸着系ソイルの底面フィルターでの飼育はシュリンプと水槽の生態系を同時に育て上げていくようにしなければなりません。


吸着系ソイルはブレイクすると言う方は水槽の生態系ということを考えず水槽セット直後から普通に餌を与え始めて汚れを貯め続けて限界が来た2〜3ヵ月後にブレイクさせてしまっているのです。

注意:例外として吸着系ソイルでも酸性が強い土で出来ていて非常にバクテリアの繁殖が鈍いソイルやバインダー材という接着剤の様なもので固めてあるためにろ過面積の非常に少ないソイルがあります。
そのようなソイルでは、底面フィルターのメリットを活かせないのでソイルが原因でブレイクを起こす可能性があります


これから吸着系ソイルの底面フィルターを試してみようと思う方、他の吸着系で失敗してしまった方は底面フィルター使用を前提に特許技術で開発されたレッドビーサンドを使用した当店の飼育マニュアルを、ぜひお試し下さい。


可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 09:13| ソイル選びの基本