2012年10月13日

微生物の素の秘密

微生物の素は10年ほど前に私が自身のレッドビーシュリンプのブリードに必要なアイテムとして自作したのが始まりです。

現在では多くの方が効果を認めていただきレッドビーシュリンプ飼育の定番商品となっており、類似品を色々なメーカーやショップさんが発売しています。
もう昔のことなのでご存じない方も多いかもしれませんが、レッドビーシュリンプ飼育用にこのタイプの添加剤を販売したのは当店が1番最初です。、


微生物の素は簡単に説明しますとバクテリアや微生物(ゾウリムシなど)を培地に乾燥休眠させた商品です。


現在の商品パッケージには「バクテリアや微生物がレッドビーシュリンプ(特に稚エビ)の餌になる事をメインに書いておりますが、もう一つの目的があります。
パッケージには書ける文字数が限られるので記載しておらずもう一つの効果をご存じない方もいらっしゃると思うのでお知らせいたします。


もうひとつの目的は、バクテリアや微生物が底床の有機物(餌の食べ残しやレッドビーシュリンプの糞など)を分解する事です。

私が当ブログや店頭や電話相談(現在は電話相談のみです)で何度も発信している水中や底床中の有機物濃度を下げる事に非常に効果的な商品なのです。

当店HPの商品説明を確認したところ効果や使用法などの説明が載っていませんでした・・・。
今更ながら申し訳ございませんが次回HPの更新時に掲載したいと思います。

下記は私がレッドビーシュリンプのブリーダーとして活動していた時のHPです。
http://www3.tokai.or.jp/jituroku/page024.html
使用法など今思うと変更しなければならない点もありますが参考にして下さい。

注意:上記のHPの添加量はブリーダーとして数多く繁殖していたときの添加量を基準にしていますので、一般に飼育を楽しんでいるかたはレッドビーシュリンプ成体10匹に対して耳かき1杯を週に1杯位からお試し下さい。


微生物の素の説明はこれくらいにさせて頂き題名の「微生物の素の秘密」について説明したいともいます。
本当は企業秘密的な事なので秘密にしておきたかったのですが、類似品の中には入れすぎると害が出るような粗悪品も多いので違いを知って頂く為に公開できる範囲で秘密を書きたいと思います。


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが微生物の素は「EMぼかし」というものに近く、実際、私も「EMぼかし」をヒントに微生物の素を開発しました。
「EMぼかし」とはEM菌という複合バクテリアを米ぬかなどに繁殖させた物、または前記を生ごみなどに添加し分解させた物で、生ごみの分解や畑の土壌改良に使われるものです。

私の前職はお茶の製造で、日本茶インストラクターの資格を取る際にお茶の栽培の勉強をしている時に「EMぼかし」を知りました。
空気中と水中とは違っても土壌改良という点では同じ効果があるのでは?と思ったのが開発の始まりでした。

しかし「EMぼかし」は主原料が米ぬかや、きなこ、フスマ、生ごみなど栄養分が高すぎる物で逆に水槽内を汚してしまいます。
実際、実験では水槽が白濁したり、コケが出たりと良い結果は得られませんでした。
注意:微生物の素の類似品は「EMぼかし」の様な商品を詰め替えただけの栄養価が高すぎる商品が多いので注意してください。

上記の事から私は、微生物の素の原料をバクテリアを効率よく培養する為の栄養に米ぬかを少量と、栄養価を下げるために水生の植物の繊維を主な原料としEM菌で醗酵させ栄養価の低い製品にしたのです。
注意:配合割合と詳しい水生植物繊維の名前は秘密とさせてください。

水生植物の繊維を主原料とする事はもう一つの狙いがありました。
乾燥休眠のバクテリアや微生物の休眠卵が付着しているのでは?という事と植物の繊維が嫌気バクテリアの餌の炭素源となり硝酸塩の脱窒を促進することです。

狙いは見事的中し北海道大学大学院 水産科 学研究科 環境生物資源科 高橋様の実験では見事にゾウリムシが確認できたのです。
kenbikyou[1].jpg
高橋様撮影の顕微鏡写真で半透明の丸い粒のようなものがゾウリムシです

微生物の素は「EMぼかし」の流用品の類似品様に微生物の餌のみでなく、微生物を発生させる‘‘素‘‘なのです。

嫌気バクテリア硝酸塩の脱窒を促進する事は上記の私のブリーダー時代の実験で硝酸塩の蓄積が添加しない場合に比べ非常に少ないことを確認しております。
当時は水草用のソイルでしたのでレッドビーサンドの底面フィルターを使用した水が底床に通過するシステムでは更に効果があると思います。

水生植物の繊維を使うとヤゴなどレッドビーシュリンプを捕食する生物の発生を心配される方がいるかもしれませんが乾燥させてありますので大丈夫です。
また水生植物の繊維を粉砕する際に乾燥休眠のバクテリアや微生物の休眠卵が熱で死んでしまわないように熱の発生しにくい石臼で時間をかけて粉砕しておりますので昆虫などの卵は潰れてしまいますのでご安心下さい。


以上が公開できるギリギリの微生物の素の秘密ですが他の類似品との違いをご理解頂き、効果を実感していただければ嬉しいです。

可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 08:14| 当店のオリジナル商品