2012年08月05日

その餌大丈夫ですか〜?

「貴方が使っている、その餌大丈夫ですか〜?」
( 喪黒福造風に言ってみました(汗 )

最近、ブログのの影響か本来お問い合わせが減る暑い時期にも関わらずお問い合わせが増えています
今の時期は比較的、仕事に余裕がありますので、しっかりと対応させていただきたいと思いますが
注文が集中したり、海外から大口の注文が入った時など対応できない場合もありますのでご了承下さい


さて本題ですが、お客様からの相談で多いなと感じる事があります

バラけてしまう餌、小さくて行方不明になる餌を使っていたり、餌を入れたままにしたりする方が多いことです

上記のようにしている方は常にシュリンプに餌が行き渡っていないと心配になってしまうようです


私は、そのように思う方に質問することがあります

「その餌をすり潰して粉にして出来た量の全てを水槽に入れる事ができますか?」

私は恐ろしくてとても出来ません


相談して頂いた方も「出来ません」、「今まで考えもしなかったです」「目から鱗です」など言っていただけます

当店では水槽内にバクテリアや微生物などがしっかり繁殖し環境が出来上がった水槽でも
エビ玉シュリンプフードを朝晩2回2時間位入れているだけです


エビ玉シュリンプフードは集まりが良くいつまでも食べていますが、食べていても2時間で取り出します
水槽環境が出来ていない水槽では1時間で取り出します

また硬い(苦笑)と評判な餌ですが活性の高い水槽なら2時間で完全に無くなりますので
食べてる感じがしないのは硬くて食べれないのではなく、それほどお腹が減っていないからです

逆に柔らかい餌は食べていると思っていてもツマツマしながら水中に餌をばら撒いているだけですので注意して下さい

エビ玉シュリンプフードはフィッシュミールなど動物質の原料は一切使っていないので水を汚し難いのも特徴です
シュリンプの飼育が上手くいかない原因の半分近くは餌の与えすぎです
(残りの半分近くは使う底床です)


思い当たる事がある方は、ぜひエビ玉シュリンプフードでの短時間給餌をお試し下さい


バナークリック協力お願いいたします
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 11:17| 役立つ飼育情報