2011年09月29日

エビ玉シュリンプフードとは

エビ玉シュリンプフードは2003年に発売された日本初(きっと世界初)のレッドビーシュリンプ専用フードです

大変食いつきが良く水槽のレッドビーシュリンプが全て集まってきてボール(玉)の様に群がる様からエビ玉シュリンプフードと名付けました

2005年には元祖エビ玉シュリンプフードの食い付きそのままに水を汚しにくい板状の現タイプのNEWエビ玉シュリンプフードに改良されました

現在では多くのレッドビーシュリンプ専用フードが発売されておりますが
エビ玉シュリンプフードが一番とご愛用いただいている方が多いと思います


エビ玉シュリンプフードが他のレッドビーシュリンプ専用フードと異なる点は養殖魚用のエサや有機肥料のペレットの流用や詰め替えでなくレッドビーシュリンプ専用の原料配合と成形加工を行なっていることです

エビ玉シュリンプフードの原料配合

エビ玉シュリンプフードはフィッシュミールやサナギ粉など動物性タンパク質は一切使用しておりません
一般的な養殖魚用のエサにはフィッシュミールやサナギ粉など動物性タンパク質が多く含まれ水を非常に汚し水質悪化に弱いレッドビーシュリンプの餌としては適しません

またレッドビーシュリンプは草食に近い雑食の食性ですので過剰の動物性タンパク質の摂取はレッドビーシュリンプの寿命を縮めてしまいます


エビ玉シュリンプフードの成形加工

エビ玉シュリンプフードは水中で48時間以上、型崩れすることのないように加工されており抜群の保形性を有します
その為、食べ残しが底床内に貯まったり成分が水中に溶け出して水を汚しません

またエビ玉シュリンプフードは低温で長時間乾燥させることにより養分の劣化がありません
その為、相反する保形性と栄養摂取の両立を実現しております


注意)レッドビーシュリンプの餌選びは慎重に

近年、数え切れない位の種類のレッドビーシュリンプの餌が発売されていますがオリジナルの配合や製法で餌を作ることは簡単ではありません
因みにエビ玉シュリンプフードは年間にトン単位の製造の契約をしてオリジナルの配合、製法で製造しています

ですから多くのレッドビーシュリンプの餌は養殖魚用のエサや有機肥料のペレットの流用や詰め替えのレッドビーシュリンプの餌として不完全な餌と言えます

注意)エビ玉シュリンプフードより集まりがいい

エビ玉シュリンプフードは良く他の餌との比較対象とされます
「エビ玉シュリンプフードより集まりがいい。」などと良く聞いたりします

集まりが良い餌=良い餌なのでしょうか?
答えはNOです


レッドビーシュリンプが仮に日本人なら集まり重視の餌=ファストフード、肉の多い欧米化した食事、エビ玉シュリンプフード=野菜、魚中心の日本食と考えればどちらが良いかご理解いただけると思います

エビ玉シュリンプフードはシュリンプフードとして十分以上の集まり、餌食いなのは皆さん周知の事実だと思います
更に集まりを良くして何の意味があるのでしょうか?

集まりを良くするだけなら簡単な事です
動物性の原料や発酵した原料など臭いの強い原料を多くすれば良いのです


集まりのみに気を取られ栄養バランスの低下や水質の悪化を招いては本末転倒です

上記の理由からシュリンプフードは信頼と実績のエビ玉シュリンプフードをお薦めいたします
posted by Shirakura at 22:52| エビ玉シュリンプフード