2011年04月22日

レッドビーサンドその3

またまた更新が遅くなり申し訳ございません
現在移転準備中でドタバタしております
移転後は小売りとアロワナ部門を神奈川店に任せて東京店は移転し卸売りとブリードに専念します
小売りをしない分、ブログ更新に力を入れられると思います
電話やメールでの飼育相談は引き続き行いますので飼育の質問はお気軽にお問い合わせください
(ネットや雑誌等で調べれば分かる事は最低限ご自身で調べてからお問い合わせください)


さて本題ですがレッドビーサンドは、株)広瀬社の特許技術で超多孔質に作られサンド1粒1粒に1Lあたり高性能リングろ材の50倍ものバクテリア居住スペースを有し底面フィルターを使用しレッドビーサンド全体に水を通す事により強力なろ過能力を得る事ができ、PHを特定の数値に安定させる機能(レッドビーサンドは6.5)やリン酸塩などの不純物を吸着する効果で((株)広瀬社の特許技術)により安定した水質を得ることができ、しかもセッティングの当日(セット後5〜6時間)に飼育を開始出来る素晴らしいソイルです

上記の性質上、レッドビーサンドでの飼育はセッティング直後から非常にシュリンプの調子が良く
、ついつい餌を多めに与えてしまいがちですのでご注意ください

レッドビーサンドはセッティングの当日(セット後5〜6時間)に飼育を開始出来る非常に優れたソイルですが魔法のソイルではありませんから多種多様のバクテリアや微生物などが沸き生態系がしっかりできるまでは水質悪化(餌の与えすぎ)に十分注意して飼育しなければなりません
posted by Shirakura at 00:22| レッドビーサンドとは