2016年05月10日

あぶない葉っぱの使用法

久しぶりのブログで、ただの商品の宣伝にも関わらずブログ村の注目記事で11位(今朝)になっておりました
誠にありがとうございます

あぶない葉っぱのご愛用者の方や、マジックリーフを使っている方があぶない葉っぱの方がシュリンプ水槽に合いそうだなと思って頂けたのであれば嬉しいです

またブログ更新を楽しみにしているとメールやお電話で励ましていただけるお客様にも感謝しております

書きたいことは沢山あるのですが他のHPやブログ、他社商品を否定してしまう内容で・・・・
シュリンプに害のある事、間違った内容等、なので当店を信頼して頂いている方にはお伝えしたいので
会員制メールマガジンなども検討しておりますので、あまり期待せずお待ちいただければ嬉しいです

前置きが長くなってしまいかしたが、今後もネタが”ひらめいた”時は更新しますので今後もよろしくお願いします

今回はあぶない葉っぱの効果や使用法(その他、マジックリーフなど)をお伝えいたします

あぶない葉っぱの効果

あぶない葉っぱにはタンニンという酸性成分が含まれ殺菌効果や、水生生物の活性化、繁殖促進の効果があります
また枯れ葉には枯草菌(納豆菌など)繁殖してくるので枯草菌が微生物(ゾウリムシ)などの餌になり、微生物がシュリンプの良い餌になります

また、どれくらいの効果があるかは変わりませんが善玉菌の枯草菌が繁殖すれば悪玉菌が繁殖しにくい環境にもなると思います

水槽に投入して4〜5日のあぶない葉っぱの写真です
葉っぱに黒い斑点が出てきているのが分かると思いますが、これが枯草菌が繁殖している目安です

happa2.jpg
シュリンプ水槽を自然に演出する良いサイズではないでしょうか!?

あぶない葉っぱ使用の注意点

上記のようにあぶない葉っぱにはタンニンという殺菌成分が入っているので、水槽立ち上げ時に入れるのも効果はあると思いますが
私は水槽セット後3か月以上経って水槽にバクテリアや微生物が繁殖してから入れることをお勧めいたします

タンニンがバクテリアや微生物の繁殖を妨げてしまうからです

また、枯れ葉と言えども有機物ですので有機物が水中に溶け出しますので、水槽に十分にバクテリアや微生物が繁殖していないと水質悪化も起こしますので注意が必要です

当店では3か月以上経った水槽に入れて1週間で上の写真のように黒い斑点が出なければ
水槽の生態系がまだ出来ていないと判断して取り出して、1ヶ月後に再度投入してみます

最後に、当店のお客様で上手く飼育できない方の多くが、商品の使用法をよく理解しないで、誰かが使っているからと何でもかんでも水槽に入れてしまう方がです
シュリンプ商品を使用する際は、メーカーや販売店によく話を聞いて商品の使用法や効果をよく理解したうえで使用することをお勧めいたします

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 12:46| シラクラ商品の使用法