2015年09月23日

エビ写真の撮り方

久しぶりにエビの写真を撮って見ました

ファルコンリー計画で野生のハヤブサを撮影するために準備したフルサイズ機(1DX)と
以前のAPS−C機で使っていた60mmマクロが使えないので100mmのマクロレンズを買いました

フルサイズ機はセンサーの面積がAPS−C機より約2倍あるので集光力が高く高感度撮影(高ISO)が出きるのでシュリンプ水槽の撮影に向いています

しかし被写界深度が同じ絞り(F値)でもAPS−C機の半分くらいなのでシュリンプ全体にピントを合わた写真(図鑑写真)を撮るのは難しくなります
(明るい撮影環境でしっかり絞ればフルサイズ機でも図鑑写真は綺麗に撮れます)

フルサイズ機はシュリンプの目など強調したい部分にピントを合わせて、他の部分は綺麗にボケさせ見せる写真(作品的な写真)を撮るのに適しています

APS−C機でもフルサイズ機でも写真を撮るのに大切な事は柔らかな光を万遍なく当てることです
今回は面倒なのでやっていませんが水槽の上部ライトの他に水槽の両サイドから水槽全面にライトを当てると綺麗撮ることが出来ます
(光が強すぎる時はトレーシングペーパーをライトに被せれば完璧です)

また水槽撮影ではガラスを光が通る時に屈折するので出きるだけレンズの面を水槽前面と水平にする事が大切です
三脚を使ってカメラを上記の様に、しっかり固定してから撮ると良いです
(面倒なので私は気合で手持ちですが・・・)

写真の個体は、メスなのに角が長く、触角柄部(触角の付け根)に全て白が入っているのはもちろんの事
その下の触角鱗(板)片と言われる左右に開く触角の先の毛の生えた板状の部分にも白が乗っているのが凄いです
ブリード再開時に、このシュリンプを譲ってくれたブリーダーさんのシュリンプは全て上記の特徴を持っているのが凄いです
100%固定しているわけでは無いと思いますので良い個体を送って頂けた事を感謝しております

右に同じように育ちそうなシュリンプがいるのが写真のポイントです
gakkaku.jpg


次は見ての通り親の上に子エビが乗っていたので選びました
親の目にピントがあるのですが頭部以降はボケているのが分かると思います
数が沢山居る雰囲気を出したくて手前のエビも(前ボケと言います)入れてみました
左を空けているのは構図を良くする為で水草水槽のレイアウトに似ているかも知れませんね
背景が真っ黒なのでモスを持ってきて緑にすれば、もっと良い写真になったと思います
oyako.jpg

これは、お遊びで子エビび遊泳をシャッタースピード1/60で流し撮りです
気泡が線になって流れているのが分かると思います
エビの泳ぐスピードとレンズの振りがシンクロしないとエビがブレてしまいます
ハヤブサの流し撮りで鍛えたので意外と簡単でした
nagasi.jpg



こういうのは良く見る写真ですが図鑑の様な面白みのない写真です
被写体が真ん中にいるので日の丸構図と言います
日の丸の個体だけに(汗
zukan.jpg


理屈っぽいのは話はこの辺で^^;

少し涼しくなりシュリンプ飼育用品の製造卸の仕事が忙しくなってしまったので更新頻度が減ってしまうと思います

期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 18:46| レッドビーシュリンプ豆知識