2015年09月15日

動画を撮ってみました

「簡単確実!飼育マニュアル」に私、シラクラの拘りを加えた、「とことん拘る飼育マニュアル」の水槽をスマホで動画撮影してみました
(最近のスマホは凄いですね)

レッドビーサンドと底面フィルターのみ、水作りなしで投入(今回はサンド内の気泡抜きのみしました)で簡単に殖えております

実は「簡単確実!飼育マニュアル」のテストの時から3年ぶりくらいのブリードでちょっと心配だったのですが^^;

いつもながら一発本番で撮ったので話にまとまりが無く、私本人も何を言っているか分からない部分がありますが,どんな雰囲気かだけでも伝わればと思いますのでご覧下さい

https://www.youtube.com/watch?v=Gd-AKxFhu0A&feature=youtu

ちなみに、こちらは簡単確実!飼育マニュアル」のテストの時の動画です
セット3〜6ヶ月後くらいなのと種親が多いので数は多く殖えていますがコケが多かったりモスの状態が悪いです
上の、「とことん拘る飼育」の動画の方が状態が良いと分かって頂ければ嬉しいです


詳細は下記を参照下さい
*マークは私が動画で伝えたかった所です

☆立ち上げ 7月1日頃(忘れた^^;
シュリンプ投入はサンド内の気泡が抜けて通水が良くなった 7月10日頃、

☆水槽 
幅25cm×奥行き45cm×高さ30cm

☆レッドビーサンド
*6〜7kg使用 厚み7〜8cm

☆底面フィルター
ニッソーバイオフィルター 板2枚 立上げパイプ2本

☆エアポンプ
ニッソー サイレントβ120 を中間位の強さにして2カ所のエア排出口を分岐せずニッソーバイオフィルターの立上げパイプへ直結
*そのため水流がかなり強い=サンド内への水の循環が良くろ過能力が高い

☆ワンタッチ
*水流をワンタッチへ当てて拡散させ水底は水流を無くす

☆ライト
コトブキ フラットLED 900  
1000kとの事ですがクリアー感が高く見た目が綺麗
赤と青のLEDも沢山配置されているのでモスの発育もよく、エビの発色も良い

☆シュリンプ 種親
15mm〜20mmの即戦力15匹(オス5〜6 メス9〜10の割合だと思う)
*10年以上前から交流のある信頼できるブリーダーさんに譲ってもらった
色や表現だけでなく大きさや体系も魅力の血統

*オスが角が長く、最近あまり見れなくなったカッコいいオス
動画でわかって頂ければ嬉しいです

*9月14日現在11匹生存  オス4 メス7(4匹が2度目の抱卵中)
4匹が★になってしまいましたが環境が変わるので仕方がないことだと思います
半年後に導入したシュリンプの倍以上の数に殖えていれば良いと思います
*導入1月以内でメスが全て抱卵し8月中旬に下旬にかけて孵化、4匹が卵を放して直ぐに抱卵し他の3匹も卵巣が黒く透けている
*吸着系といわれる肥料分の少ないレッドビーサンドでも水が良く(水中の有機物濃度、雑菌濃度が低い)シュリンプの活性がよければ、しっかり殖えます

☆稚エビ 
*5mm〜8mm位が見えるところだけで50匹以上
孵化後、約1ヶ月で5mm〜8mmなら植物質の餌(エビ玉VIVID)メインとレッドビーバクターの粉なら順調だと思う
7匹かから産まれているので1匹あたり10匹なので、まあまあの生存率

◎今後
水槽の生態系が出来上がってサンド上にバクテリアや微生物が多くなれば、もっと稚エビの生存率が上がるはず

3〜4ヶ月後には今の稚エビが親になり、この血統だけでも水槽が2〜3本増えている予定です
実は他にも種親を仕入れて沢山水槽を増やしています

アロワナの生息地調査、輸入やハヤブサのファルコンリー計画等の新しい挑戦でシュリンプブリードが疎かになっておりましたが・・・・

やはりレッドビーシュリンプは楽しいですね!



可能な限りブログ更新を頑張りますので定期的に見に来て下さい
期待していただける方はバナークリックをお願いします。
ブログランキングのアップがやる気を起してくれます^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 00:00| とことん拘る飼育マニュアル