2013年07月27日

飼育マニュアルを改訂しました

最近、さっぱりブログを更新しておらず申し訳ございません

おかげ様でほとんど休みが取れないほど国内外の卸業者様、小売店様、そしてユーザー様より当店オリジナル商品の注文を頂いており忙しく、なかなか更新できませんでした

2〜3年前は夏は暑さで注文が減っていたのですが、ここ数年はシュリンプ飼育者の方々が夏の乗り切り方を知ってきたのか、あまり減らなくなってきましたのと円安の影響か、飼育者が増加しているのか海外の注文が途切れず少なくとも9月末まで休めない状態です

また、ブログでシュリンプ飼育者の方々へ伝えたいことも書きつくしHPへ移行してHPで情報を発信しているので、書くことも無くなってきてしまいました


話がそれましたが今回、久しぶりに書きたい事がありました


HPの飼育マニュアルを改訂した事と、その理由です

飼育マニュアルの改訂内容はレッドビーバクターを水槽立上げから3ヶ月間(2パック分)使用していただく事です。

飼育マニュアルでレッドビーバクターを使うと良いのはレッドビーバクターの商品テストで想定していたのですが、
想定だけでは自信と責任を持ってお勧めできないので、飼育マニュアルでレッドビーバクターを使用した場合と、使用しなかった場合を、飼育マニュアル発表から約1年間なんども実験してきました

結果としましては

1、レッドビーバクターを水槽立上げから使用することで、水槽内にしっかりとした生態系が出来るまで(3〜6ヶ月)の間の一時的な調子の崩れが無くなりました

その結果、面倒だった底掃除も不要になりました
しかし初めて飼育マニュアルを使用する方には念のため掃除は行って頂きたいと思います

理由としてはレッドビーバクターの役割を水質浄化やバクテリアの定着のみでなく、餌としても利用することで餌を与えることに比べ水を汚すことなくスムーズに水槽内に生態系が出来てくるからと考えます


2、水槽内にしっかりとした生態系が出来るまでの期間が早まる

通常、水槽内にしっかりとした生態系が出来るまでは3〜6ヶ月かかると当店のブログやHPで何度も書いておりますがレッドビーバクターを使用することにより、概ね3ヶ月で生態系が出来上がるようになりました

理由としてはレッドビーバクターから発生するバクテリアや、レッドビーバクターにバクテリアの餌として含まれている栄養が水槽内に定住して生態系を作って行くバクテリアや微生物の良い餌になっているからだと考えます


上記の理由でHPの飼育マニュアルを改訂しましたので、さらに確実な飼育マニュアルになったと思います

ぜひ当店の飼育マニュアルをお試しください
posted by Shirakura at 11:35| 簡単確実飼育マニュアル