2012年11月07日

結果報告1

結果報告1

7月16日のブログでご紹介したS水槽の実験水槽の3ヵ月後の結果を紹介します。
http://shirakura.sblo.jp/article/57072123.html

いつもながらのマニアックな説明は次にしまして、7月16日のブログの冒頭にもある

「レッドビーサンドの底面フィルターならこんな小さな水槽(S水槽)でも簡単に繁殖可能」

という実験の結果を報告いたします。




左が選抜交配のPH6.5、右が低PH実験のPH5.5の水槽です。
(仕事場の模様替えに伴い横置きから縦置きに変わっておりますが同じ水槽です)

001 (640x427).jpg

モスの色合いを見てください左のPH6.5は明るい緑でとても綺麗ですが右のPH5.5の水槽のモスはコケの影響で暗い色合いです。

次に左のPH6.5の水槽は70匹〜、右のPH5.5の水槽は40匹〜の1.5cm前後のシュリンプが育っています。
親が違うので実験とは言えませんが両水槽共に3回の抱卵です。


左の選抜交配のPH6.5のエビ玉写真です。
レッドビーシュリンプ飼育者(初心者〜中級者)の方が目指している光景ではないでしょうか?
002 (640x427).jpg
レッドビーサンド&底面フィルターを使用したシラクラの簡単確実飼育マニュアルで飼育すれば文字通り簡単、確実に画像の光景を目にする事ができるでしょう!。



左の選抜交配(PH6.5)の親が抱卵したので実験中に殖えたシュリンプを選別しました。
020 (640x427).jpg
良い個体を10匹ほど残し60匹〜を45cm水槽へ移動しました。

もちろんシラクラの簡単確実飼育マニュアル通りセッティング後に即投入です。
今回はマニュアル改訂版の1回水を抜いて全換えをして広瀬社のバクターDDを投入しています。
これだけで投入直後のシュリンプの動きが全然違います!
(動画を撮ってあるので後日ご紹介します。)


2〜3ヵ月後にはS水槽、45cm水槽共に稚エビラッシュになっていると思いますので、またご紹介します。


レッドビーサンド&底面フィルターを使用したシラクラの簡単確実飼育マニュアルで立ち上げた水槽は、ミニマブリーダーシラクラ神奈川店で実際にご覧いただけますので、ぜひご来店下さい
神奈川店長いわく爆殖中だそうです。


可能な限り更新しますので励みになるようバナークリックご協力お願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
posted by Shirakura at 08:29| 簡単確実飼育マニュアル