2018年03月31日

ご協力ありがとうございました。

先日、お願いしました私のファルコンリー仲間が洋書の鷹狩のペストセラー本の翻訳本をクラウドファンディングの活動ですが目標金額達成しました!!

お陰様で今後の日本の猛禽類飼育に大きく貢献する本が出版されることになりました


当店のHPの飼育マニュアルやブログの情報、そして商品も日本のシュリンプ飼育に貢献できていれば嬉しいです

ファルコンリーシーズンが終わっても仕事に追われて、中々シュリンプのブログ記事が書けませんが、今後も宜しくお願い致します

ミニマブリーダーシラクラ
代表 白倉 貴之



posted by Shirakura at 18:24| シラクラの挑戦

2018年03月30日

準優勝しました!

去年の最大の猛禽類イベントのフライトフェスタに続き、
今年はハヤブサのみの日本唯一のイベントで準優勝できました

ニコニコ生放送で中継されて下記で動画が見れますので、ぜひハヤブサの凄さを見て下さい
http://live.nicovideo.jp/watch/lv311686777
私は2時間25分あたりから出てきます

ミニマブリーダーシラクラの仕事と、ファルコンリーの練習を両立して頑張ってきた成果を出す事が出来ました
(その分、約束したブログの新しいコンテンツ間違いだけれのシュリンプ飼育が更新できなくて申し訳ございません)

29342932_1061362724001768_3631107228121121144_n[1].jpg
IMG_3613.jpg


ハヤブサをトレーニングしてファルコナー(鷹匠)の意図に合わせてコントロールすることは、ハヤブサへの愛情と観察力、そして確かな知識と理論がなければできない事です

愛情と観察力、確かな知識と理論はレッドビーシュリンプ飼育にも必要不可欠ですね!

ミニマブリーダーシラクラの飼育用品や飼育マニュアルは、、私が養った経験と知識で理論的に作った自信作です

きっと皆様のシュリンプ飼育に役立ちますので商品と飼育マニュアルをお試しください

ハヤブサのフライトシーズンは無事終わって貯まった山積みの仕事も、もう少しで、仕事も落ち着きますのでシュリンプのブルグも頑張りますのでよろしくお願いいたします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 13:54| シラクラの挑戦

ご協力お願いします

先日、紹介しました私のファルコンリー仲間が洋書の鷹狩のペストセラー本の翻訳本をクラウドファンディングで日本語訳版を出版しようとしている活動ですが

あと10%弱で目標達成します!!

しかし、期限があと3日と迫っております

猛禽類の飼育のなど初歩的な事から専門的な事まで大変詳しく掲載されている、これから猛禽類を飼育してみたい方にお勧めの本です

大げさに言うと、今後の日本の猛禽類飼育に大きく貢献する本です

当店のブログをご覧になって、シュリンプだけでなく猛禽類に興味を持たれた方は是非!

興味が出なくてもお知り合いで猛禽類に興味がありそうな方がいましたら、ぜひご紹介してください

お申し込みはこちらから
https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2135%E2%80%AC


もちろん私も申し込んで応援しております!!
29063461_1620865841282740_775830419764412416_n[1].jpg



宜しくお願い致します

posted by Shirakura at 13:32| シラクラの挑戦

2018年02月22日

私の活動を見て猛禽類に興味を持たれた方へ

先日、ご紹介しました一番わかりやすいハヤブサと鷹狩
の著者の女性ファルコナーの高倉さんが、洋書の鷹狩のペストセラー本の翻訳本をクラウドファンディングで日本語訳版を出版しようと頑張っておられます

猛禽類の飼育のなど初歩的な事から専門的な事まで大変詳しく掲載されている、これから猛禽類を飼育してみたい方にお勧めの本です
当店のブログをご覧になって、猛禽類に興味を持たれた方は、ぜひ参加してみてください

詳しくは’’こちら’’をクリックしてください

HPアドレス
https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2135


もちろん私も予約しました^^

皆様、宜しくお願い致します。
posted by Shirakura at 18:19| シラクラの挑戦

2018年02月05日

キジのハンティングに成功!

ブログの更新が3日坊主で申し訳ございません・・・

旧正月に向けて中華圏から大量の注文とアメリカ、ヨーロッパの注文がトリプルで重なってしまい3月末まで、あまり更新できそうもありません

そんな中、埼玉県の鷹匠さんからキジのハンティングのお誘いがあり仕事を前倒しして行ってきました

私がハヤブサを飛ばして、(私の上空100m〜をついてくるようにトレーニングしてあります)
鷹匠のお弟子の皆さん達がキジのいそうな場所を歩いて追い立てて、キジを飛ばしてくれます
キジが飛んだらハヤブサが急降下してキジを蹴り落とし、キジを捕まえます

鷹匠のお弟子さんがウェアラブルカメラを付けて全体の様子を、私がハンディカムでハヤブサの急降下を撮影しましたので、よかったらご覧ください


諏訪流という伝統ある鷹匠の流派を学んだ鷹匠さんでも、ハヤブサでキジの狩りに成功することは稀だとおほめ頂きました

2-4-1.jpg
2-4-2.jpg


ハヤブサでキジを狩るというファルコンリーでの1つの目標を達成できました
仕事とハヤブサのトレーニングを両立して頑張ってきた甲斐がありました

シュリンプ飼育も日々の管理や観察の積み重ねが飼育、繁殖の成功につながります
ブログをご覧の皆様も長期飼育や繁殖、選別交配と1つずつ目標をクリアーできるように当店のHPやブログの情報が役立てば嬉しいです


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 14:56| シラクラの挑戦

2018年01月21日

ペットショップJETさんに納品

昨日、ペットショップJETさんに納品してきました

シュリンプ用品ではなくガンプラを^^;

昨年末、お邪魔したときに店にガンプラが飾ってありお話を聞くと、店主の菊川さんも田中さんもガンダム世代だそうで話が盛り上がって、4〜5年前に作ったガンプラを飾って頂けることになりました

飾って頂いたのは機動戦士ガンダム MS IGLOOという1年戦争を別の視点から見た全編CGのOVA作品に出てくるゲルググのカスペン大佐機です

通常のガンプラMGサイズのゲルググをプラ板で改修したりオリジナルでデカールを作ったり
塗装もエアブラシと筆で何層にも塗装をした製作時間100時間以上の力作です

ぜひペットショップJETさんにシュリンプを見に行きがてらガンプラも見て下さい
kaspen-gelgoog2000.jpg

その他にもランバラルのグフ
071 (1280x1071).jpg

トリプルドムのガイア機などウェザリング塗装を施して作っていました
095 (954x1280).jpg


なんでも、とことん拘る性格なのでハマると大変なんです^^;

ミニマブリーダーシラクラの飼育用品や飼育マニュアルは、とことん拘る私が作った自信作なので、ぜひお試しください


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 20:49| 当店のオリジナル商品

2018年01月18日

コケ掃除

久しぶりにブログを更新したのでアクセス数を確認してみたら、全然更新していないのに毎日100人以上が訪れて下さっていて驚きました
放置していて大変申し訳ございませんでした

更新後は閲覧数が倍増して先日の文字だけのコケの弊害の記事も累計1000人以上の方にご覧いただき、大変嬉しいです
急に国内外から注文が入り始め趣味のハヤブサとで大忙しですが^^;
可能な限り更新していきますので今後もよろしくお願い致します

前置きが長くなりましたがコケ掃除の方法をご紹介したいと思います

コケなんてウールマットかスポンジでゴシゴシこすれば良いだけでしょ!?と思われるかもしれませんが、それではダメです
コケを水中にばらまいてしまっては意味がありません

コケは水槽立ち上げ後、水槽に多種多様のバクテリアや微生物が繁殖して有機物がスムーズにアンモニア、亜硝酸、硝酸塩へと分解される前に、飼育水中に有機物が多く溶け込んでいるときに発生します

逆に言うとコケは水中の有機物を栄養にして増えて水中の有機物を減らしてくれるんです
しかし、コケを水中に戻してしまっては元の有機物の栄養に光エネルギーから得た栄養がプラスされて水中に溶けて余計に水が汚れてしまいます

ですから、コケを掃除するときは出来るだけ水中にコケを拡散しないように掃除しなければなりません

やっと、役立つコケ掃除の方法ですがあせあせ(飛び散る汗)
スポンジ(激落ち君などのメラミンスポンジがお勧め)を使って水槽面の底床の境に押し当てて上に拭き上げていき水面付近で押し当てている力を弱めて水を吸い込みつつ水槽の外へスポンジを出してバケツで綺麗に洗います

上記の方法で、できるだけコケが飼育水に飛び散らないようにして水槽の外へ出す事によって、コケが栄養にした飼育水の汚れ(有機物)を水槽の外に出す事ができます

多くの方は、コケを水槽の中でまき散らして、水換えをしていると思いますが、それでは水換えの効果が半減です
上記の方法でコケを排出し、水換えをすれば水槽立ち上げ初期にたまりやすい飼育水の有機物はかなり減らすことが可能です

ぜひ、次回からコケ掃除は上記の方法で掃除してみてください

写真や動画を紹介できれば方法が伝わり易いと思いますが、そこまで時間が取れなくて申し訳ございません・・・

更新のモチベーションになりますので下記のバナーのクリックしていただければ嬉しいです

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 22:04| 役立つ飼育情報

2018年01月16日

間違いだらけのシュリンプ飼育法を不定期で書いていきます

今まで忙しさにかまけて、また反感を買うのは嫌で他の方がやっている事を否定するのは控えてきましたが
レッドビーシュリンプ創成期から15年以上携わってきて、未だよく質問されることをブログで書いていきたいと思います

初回は一番問い合わせや、飼育アドバイス中に間違いが多い水槽面のコケに関してです

シュリンプブリーダーさんで水槽面のコケを残している人は少なくありません、むしろ多いかもしれません
でも、初心者や水槽に生態系が出来上がっていない場合は、水槽面のコケを残しては絶対にダメです

コケには繊毛というケバケバが生えていて、有機物をトラップ(ひっかけて)してしまいます
それが、雑菌の温床となって増えた雑菌がシュリンプへダメージを与えてしまいます

元々、湧き水などの綺麗な水に生息していたビーシュリンプは雑菌に対する抵抗力がなく、水槽内に雑菌が増えると感染症で死んでしまいます

ミナミヌマエビや、その変異種のレッドチェリーなどは死なずにレッドビーだけ死んでしまうという経験をした方も多いと思います
ミナミヌマエビは元々の生息地が水の淀んだ沼なので雑菌への耐性があるわけです

アンモニア、亜硝酸、硝酸塩も検出されず、原因不明でレッドビーシュリンプが死んでしまう遠い方も多いですが、原因は水中の有機物濃度が上がって雑菌が増えているのが原因です

少し話がそれましたが、水槽にコケが生えるのは、水槽にバクテリアや微生物が十分に繁殖しておらず
シュリンプの餌の食べ残しや糞などから溶け出した有機物が水中に溶けて蓄積しているからです
そんな状況で、コケを放置すれば雑菌の温床になるのは、想像するに難くないですよね!


ではシュリンプブリーダーさんの水槽は、なぜコケを残して大丈夫かといいますと、水槽にバクテリアや微生物が十分に繁殖して水槽内の生態系がしっかりと出来上がった状況で、水中の有機物が速やかに分解されている環境でコケを残しているからです

またシュリンプブリーダーさんの水槽はシュリンプの密度が高く、シュリンプがコケを餌場として集まって、シュリンプがツマツマしてコケが常に綺麗にクリーニングされているので大丈夫ですし、水槽底面やモスや水草の表面だけでなく水槽面もシュリンプの餌場として重宝しているのです

シュリンプブリーダーさんが水槽面のコケを残しているからといって、水槽の生態系ができていなかったり、飼育数が少なくガラス面のクリーニングが追い付かない環境では、
コケは害はあってもメリットはないので、最低、週に1回はガラス面を掃除してコケを取り除いてください

次回は役立つ飼育法のカテゴリとして、正しいコケ掃除の方法をご紹介したいと思います

更新のモチベーションになりますので下記のバナーのクリックしていただければ嬉しいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 16:14| 間違いだらけのシュリンプ飼育法

2018年01月15日

遊びすぎでエビ水槽は干上がりましたが^^;飼育用品の製造、卸、通販は頑張っております

相変わらずシュリンプ繁殖はほったらかしてハヤブサと遊んでおります^^;

ハヤブサを飛ばして鷹匠のようなことをしておりますが、皆様にどう説明してよいかと思っていたら
ハヤブサ仲間の方が、「一番わかりやすいハヤブサと鷹狩」というHPを作っておりますので、ぜひご覧ください

現在2羽飼育していて、毎日のように朝から練習に行って、昼から夜中までシュリンプ飼育用品の製造、卸、通販の仕事を頑張っております

1羽はジアセイカーという草原性のハヤブサで獲物を追尾して摂るタイプなのでルアーリングという競技をやっています
100km/h以上のスピードでルアーめがけて突っ込んで来るのですごい迫力です



もう1羽はペレグリンという日本のハヤブサと同じ種類で、上空高く飛行しながら急降下して獲物を捕らえるので狩やスカイトライアル競技というのをやっています

13日にウェアラブルカメラで狩りの様子を撮ってみました
私がハヤブサを100m〜150m上空に飛ばしてカモがいる水路まで誘導して、仲間が水路からカモを追い立てて飛んだところをハヤブサが150km/h以上で急降下してカモを襲います


スカイトライアル競技は去年、準優勝だったので今年は優勝を目指しております
日本最大の猛禽類イベントで、いろいろな猛禽類が集まって色々な競技があるのでよかったら見に来てください
日時:平成30年3月4日(日)10:00〜16:00
場所:千葉県立関宿城博物館横にこにこ水辺公園


シュリンプ飼育用品の仕事に支障のないように頑張りますので、今後も当店の商品をよろしくお願い致します

更新のモチベーションになりますので下記のバナーのクリックしていただければ嬉しいです
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 16:34| シラクラの挑戦

2017年08月16日

夏場を無事に乗り越える

やっと仕事が落ち着きブログを更新できました

昔(5年以上前)は、夏場は凄く暇だったのですが、ここ数年は夏場も忙しくて、中々ブログを更新できず申し訳ございません

多くの飼育者様が上手く夏場を乗り切りれる様になったのだと思います

取引先の多くの小売店様にもシラクラ商品は厳しい夏場でも、売れるので助かると言って頂けます
当ブログや当店HPの、夏を乗り切る方法や、飼育マニュアルが、お役に立っているからだと嬉しく思います

今年は、猛暑日が少なく最近は涼しいくらいでシュリンプには良い年ですが
(雨が多くて水害も出て大変な地域もあるようですが・・)
まだまだ、一ヶ月くらいは暑い日もありますので、水温上昇には気を付けて飼育して下さい

初めて夏を迎える方、去年、失敗してしまった方は当ブログや当店HPの、夏を乗り切る方法や飼育マニュアルを参考にして、無事に夏を乗り切って下さい


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

posted by Shirakura at 12:55| 日記